『箱根駅伝』駒澤大学が歴史的大逆転で総合優勝 レースに感動の声相次ぐ

コロナ禍の箱根駅伝は、駒澤大学が逆転で総合優勝

スポーツ

2021/01/03 15:15

箱根駅伝2021・駒澤大学

3日に行われた『第97回東京箱根間往復大学駅伝』で、駒澤大学が終盤の大逆転で13年ぶり7度目の総合優勝を果たした。


画像をもっと見る

 

■創価大学がトップを守り10区へ

2日の往路は創価大学が初優勝。3日の復路でも順調にリードを広げ、6区から9区までトップで襷を繋ぐ。

箱根駅伝2021・創価大学

往路3位の駒澤大学は6区で2位に浮上するも、1位の創価大学の姿を視界に捉えることができず、10区へ。鶴見中継所通過時点での両校の差は3分19秒で、創価大学の優勝はほぼ確実と思われた。


関連記事:『M‐1』優勝・マヂカルラブリー、『スッキリ』出演に喜び 「最下位と優勝で来れた」

 

■残り2キロで駒澤大学が逆転

ところが創価大学のアンカー・小野寺勇樹選手が10区の中盤でかなり苦しそうな顔になり、失速。一方駒澤大学の石川拓慎選手はハイペースで首位の背中を追う。

御成門付近で姿を捉えると、そのままジリジリと差を詰め、20.9キロ地点で抜き去る。小野寺選手に追いかける力は残っておらず、大きく離されてしまう。優勝を確信した石川選手は大きくガッツポーズしゴールテープを切り、13年ぶり7回目の総合優勝。創価大学は2位となった。

次ページ
■逆転劇に感動の声

この記事の画像(3枚)