はなまるうどん「大」のボリュームが話題 知らないと痛い目に…

はなまるうどんの「大」は、胃が驚くほどの多さだった……。お得にたくさん食べたい人にオススメだ。

グルメ

2021/01/13 18:45


 

■丸亀製麺もなかなかの量

丸亀製麺

そして、丸亀製麺でも一番大きいサイズの「かけうどん」(得盛)を注文。実物を見ると、はなまるうどんの大盛とほとんど変わらないように感じるがはたして……。

丸亀製麺

シンプルだがコクのあるつゆは全く飽きない味で、思わず豪快に麺をすすってしまう。

丸亀製麺

見た目の量はほとんど変わらなかったが、実際に食べてみると丸亀製麺の「かけ」(得盛)のほうが少ないことが分かった。うどんの130g差は、思ったよりも大きいのだろう。胃が驚くということもなく、難なく完食。


関連記事:丸亀製麺、満月に合わせて登場する新メニューがスゴい… 玉子好きは必見

 

■麺の量の基準はどうなっているのか…

ボリュームの凄さが際立つはなまるうどん。麺の量の基準について聞いてみると、「小、中、大サイズで麺の量が210gずつ増えます。大については、1玉の2倍(2倍)となっています」との回答。ネットでも話題となっているように、実際にお客からも「量がすごいね」といわれることがよくあるという。

ちなみにはなまるうどんは、大盛りを注文するのが恥ずかしいという女性のために、丸亀製麺の大盛より45g多いサイズを中として売り出している。その他にも、ヘルシー志向のメニューも多く取り揃えているが、大盛りを注文するのは圧倒的に男性が多いそうだ。

・合わせて読みたい→打ちたてうどんをリーズナブルな価格で 「丸亀製麺が好き」6割も

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事の画像(9枚)