ファミマの大豆ミート新商品 お弁当&おつまみ惣菜もボリュームがスゴい

ファミリーマートから新発売された、大豆ミート使用のお弁当&お惣菜。試食して驚いたポイントは…

グルメ

2021/01/15 06:00

ファミマ、大豆ミート(弁当&惣菜編)
1月12日より、ファミリーマートから“次世代のお肉”として注目を集める「大豆ミート」を使用した新商品が9種登場。しらべぇ編集部では、全品を試食し正直にレビューしていく。


画像をもっと見る

 

■次世代のお肉「大豆ミート」

大豆は「畑の肉」とも称され、植物性タンパク質をはじめとした栄養が豊富に含まれているため、健康志向なイメージを抱いている人が多いはず。

この他にも、大豆は食に対する多様な文化などに配慮された食材というだけでなく、畜肉に比べて水や生育にかかるエネルギーといった環境負荷が少ないことから、環境にも配慮された食材として、年々需要が高まっているのだ。

本記事では、新発売の大豆ミート商品の中から、お弁当&惣菜・おつまみ系の商品を3種レビューしていく。


関連記事:サステナブルな食生活 ファミマの大豆ミート麺類は“ほぼ肉”で驚く

 

■「大豆ミートの唐揚げ」が入った丼もの

大豆ミートと野菜のあんかけ丼
(黒酢香る!大豆ミートと野菜のあんかけ丼)

今回登場した新商品では「そぼろ状の大豆ミート」を使用した商品が多い中、最も大豆ミートの食感を味わうことができるのが、「黒酢香る!大豆ミートと野菜のあんかけ丼」(税込550円)だ。

大豆ミートと野菜のあんかけ丼
(黒酢香る!大豆ミートと野菜のあんかけ丼)

ゴロゴロとした肉だんごの正体は「大豆ミートを使用した唐揚げ」で、人参、れんこんなどの野菜が甘めの黒酢たれで和えられている。黒酢の酸味が食欲をそそり、とにかくご飯が進む。

大豆ミート唐揚げは、弁当用のミートボールや鶏もも肉の唐揚げと比較してしまうとジューシーさは若干物足りなさを感じてしまうものの、想像していたよりもずっと柔らかく、食べやすい。

同商品は1つあたり578キロカロリーほどで、数量限定販売となっている。

次ページ
■スパイシーなおつまみ惣菜も

この記事の画像(7枚)