女性の6割が「コロナ禍で外食しにくい」 自炊するようになった人も

新型コロナウイルスの流行は、飲食店にとっても大きな痛手である。外食しにくいと、感じている人も多いようだ。

ライフ

2021/01/26 10:00

新型コロナウイルスの流行が続き、外出を控える日々が続いている。外食がしにくい状況になり、困っている人もいるだろう。


画像をもっと見る

 

■「コロナ禍で外食しにくい」半数超え

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査したところ、全体の55.1%が「新型コロナの感染リスクで外食がしにくく感じている」と回答した。

コロナ感染リスクで外食がしにくく感じているグラフ


関連記事:20代の4割がコロナ収束後もデリバリー利用意向 「楽したいときに便利」との声

 

■感染予防のために

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

コロナ感染リスクで外食がしにくく感じている性年代別グラフ

感染が怖いために、外食を控えている人も多い。

「新型コロナの感染が怖いので、できるだけ外出を控えている。流行前はたまに外食もしていたけれど、最近ではまったく利用しなくなった」(30代・女性)


複数人での会食を控えるように、各所からアナウンスされている。

「外食は、友達や会社の人と行くことが多かった。ただ新型コロナ対策で会食を控えるように言われているので、今は外食する機会がほとんどない」(20代・女性)

次ページ
■Uber Eatsを頻繁に利用

この記事の画像(3枚)