髙橋祐理、初主演舞台『蟻地獄』の復活公演を発表 「本当に嬉しい」

ダンスボーカルグループ『Zero PLANET』のリーダー・髙橋祐理の初主演となる舞台『蟻地獄』の復活公演が発表された。

エンタメ

2021/02/13 12:00

髙橋祐理「蟻地獄」
(©板倉俊之/SET)

13日、ダンスボーカルグループ「Zero PLANET(ゼロプラネット)」のリーダー・髙橋祐理(たかはし・ゆうり)が主演を務める舞台『蟻地獄』の復活公演が実施されることが発表された。


画像をもっと見る

 

■インパルスの板倉俊之が原作・脚本・演出

お笑いコンビ・インパルスの板倉俊之が自身の小説を原作に、舞台脚本・演出に初挑戦する同作には、髙橋をはじめ、俳優の天野浩成、乃木坂46の現役メンバー・向井葉月ら豪華キャストが出演。

今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響による公演中止から約1年の充電期間を経て、板倉が創り上げる圧倒的ノンストップサスペンスが、さらなる強大な罠と絶望にスケールアップして復活公演を開催することが決定した。


関連記事:オードリー若林、憧れた先輩芸人の現状に嘆き 「ちょっとショックです」

 

■ビジュアルを公開

さらに、板倉完全監修のもと衣裳・ヘアメイクの細部までこだわりぬき、アウトローかつサスペンスフルな世界観を存分に表現したメインビジュアルとキャストビジュアルも同時公開。

併せて、限定特典付きの最速板倉先行とキャスト先行も開始した。

次ページ
■全て再現したい

この記事の画像(4枚)