坂上忍、愛犬を譲渡する動画で炎上のGACKTに本音 訴えた言葉に共感の声も

炎上しているGACKTの愛犬譲渡問題。自身も過去に愛犬を手放したことがあるという坂上は…

テレビ

2021/02/18 18:40

坂上忍

俳優の坂上忍が18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演し、愛犬を譲渡して物議を醸しているGACKTのYouTube動画に言及。「あの行為は理解できない」と納得いかない様子を見せた。



 

■愛犬を譲渡するサプライズ動画で炎上

14年連れ添った愛犬を亡くしてペットロスになった知人のため、GACKTは自身が5ヶ月飼っている愛犬を譲るサプライズ企画の動画を投稿。「(愛犬を)亡くした、失ったつらさ、僕もよく分かるので、また新しいパートナーとともに前に進んでください」と励ました。

新たな出会いに知人が涙を流してサプライズは成功したのだが、この動画が「犬をモノのように扱っている」「犬の気持ちを考えてほしい」「せめて保護犬にすべき」と批判が相次ぐ事態に。YouTube動画は高評価が約1万、低評価が約5万(18日17時時点)と低評価が5倍以上で炎上騒ぎになっている。


関連記事:坂上忍、野々村真の“悪ノリ”に嫌悪感あらわ スタジオが凍りつく事態に

 

■「あの行為は理解できない」と疑問

坂上は「GACKTくんも『ちゃんとお世話してくれるだろうな』って所に里子に出したのは、なるほどって飲み込める」と理解を示した一方で、「ルール上どうであろうと、動物を家族して捉えてる人にとっては、あの行為を受け入れられない人が多いと思う。僕も同じ。あの行為は僕には到底考えられない」と話す。

GACKTが愛情を持って愛犬を育てていただろうと推測したうえで、自身が引き取った保護犬について「その子のトラウマって容易じゃないときがある」とコメント。今でもひとりになるとソワソワして坂上のあとを付いてくる犬や、いまだに懐いていない犬もいるという。

その経験を踏まえて「あの行為は理解できない」と疑問を呈した。

次ページ
■愛犬を手放した過去を告白