『スッキリ』サンシャイン池崎が絶叫連発 加藤浩次から注意されてしまう

猫好きで知られるサンシャイン池崎が『スッキリ』で猫の魅力をらしさ全開でアピールするも…

テレビ

2021/02/22 13:30


 

■SNSでは大盛り上がり

スタジオでの空回りも含めて、池崎の魅力が存分に発揮されていた今回の放送。視聴者からは「普通に喋ってくれって言われてて笑った」「加藤に怒られてあからさまにテンション下がってるの笑う」「マジで池崎最高だいすき」と反響が相次いでいる。

また、猫への愛を語る池崎に「猫愛がおもしろ過ぎてよじれまくった」「筋金入りの猫好きだなあ」「スタジオ中がほぼ犬派の中での池崎の猫プレゼン、日本中の猫好きはしかと受け取ったぞ!」といった声もみられた。


関連記事:バカリズム、芸能人に暴言を吐く人が唯一媚びていた人物 「いるいる」

 

■猫派? それとも犬派?

池崎は2018年に保護猫2匹を引き取り、YouTubeチャンネルの収益を保護猫団体へ寄付しており、自身も保護団体でボランティア活動をする生粋の猫好きだ。

スタジオでは池崎以外が「犬派」だったが、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名に調査した結果では、「猫派」は45.0%という結果に。

犬派・猫派

企画の最後では「猫の最大の魅力は、結局一番かわいいのは肉球。いい匂いするよ、フレグランス!」と全力でギャグを披露した池崎。加藤から「ちょっと待って。(次のコーナーまで)まだ45秒ある」とツッコミを入れられると、「こんなに追い込まれるとは思わなかったですよ!」と笑いを誘う。

そして、コーナー最後に再度ギャグを振られて披露しようとするも、その瞬間に次のコーナーへと切り替わるという「池崎らしさ」が出た放送だった。

・合わせて読みたい→真島なおみ、エロかわいい猫コスプレに「飼いたい」「ウチのと同じくらいかわいい」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10〜60代男女1,789名(有効回答数)