ユニクロ冬服の衣替え、22日までに終えると超お得 だが確認しておくべき点も…

まだ衣替えを済ませていない人もいるかと思うが、ユニクロアイテムに限っては、是非とも今日明日中に衣替えを終わらせてほしい。

話題

2021/04/21 05:45

ユニクロ

明朝や深夜などは寒さを感じることもあるが、もはや日中の外気は完全に春のそれ。とは言え衣替えを億劫に感じ、未だズルズルと先延ばしになっている人もいるのでは。



 

■ユニクロのお得すぎる企画

しかし、そんな面倒臭がりの人でも、ユニクロアイテムの衣替えは、是非とも明日22日までに済ませておくべきだろう。

というのも現在、ユニクロでは一部の冬服商品のリサイクル回収を実施中。対象アイテムを22日までに店頭に持参すれば、500円クーポンとの交換が可能となっているのだ。


関連記事:ユニクロのエアリズムCM、既成概念をぶち壊して話題に 「日本もここまで来たか」

 

■ユーザーからは歓喜と後悔の声

こちらの告知内容を受け、ユーザーからは「クローゼットに眠ってるダウン、持って行きます!」といった歓喜の声のほか「あらら、捨ててしまったよ…」など嘆きの声も少なからず上がっている。

今回は、お得なクーポンを受け取る上での注意点をユニクロ広報への取材にて確認したため、ぜひチェックしてほしい。


■交換数に制限はないが…

こちらのリサイクル企画の対象となるのはユニクロの「ダウン商品」と「ヒートテックインナー」で、ダウンは1着、ヒートテックは5着で500円のクーポンと交換となる。

クーポン付与の枚数に上限はないため、ダウンを2着持っていけば入手クーポン額は1,000円、ヒートテックインナー20着であれば2,000円…といった具合に、多くのアイテムを持参すれば、それに連動してクーポンのリターンも増加するのだ。

ユニクロ

しかしクーポンの取得には注意点も存在し、広報担当者も「クーポンの取得には、ユニクロオンラインストアの会員登録が必要です。スマートフォンをお持ち下さい」と念を押していた。

またヒートテック商品に関してはあくまで「インナー」が対象となるため、ヒートテック製のマフラーや寝具類は対象外。「ヒートテックソックス」も対象外なので、店頭に持参する前に手元のアイテムをよく確認しておこう。

・合わせて読みたい→ユニクロより1000円安い 無印良品の「軽量ダウンベスト」はコスパ最強か

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

この記事の画像(1枚)