前園真聖、ヘディングの危険性を熱弁 独自の指導法も明かす

サッカーの認知症リスクを取り上げた『バラいろダンディ』。専門家の前園真聖が、持論を展開した。

2021/04/22 03:40

前園真聖

21日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、前園真聖がサッカーのヘディングに潜む危険性と自身の指導方法を語った。



 

■ヘディングに認知症のリスク

番組はヘディングについて、イギリスの大学が「元サッカー選手は一般の人より認知症などの神経変性で死亡する確率が3.5倍高い」という研究結果が出ており、イングランドでは11歳以下のヘディング禁止を通達していると紹介。

しかし元日本代表の釜本邦茂氏は、「自分は得点の3分の1くらいをヘディングで取っているが、なんともない」と因果関係を否定してるのだという。


関連記事:前園真聖、不祥事対応のプロとしてスノボ署長に助言 「すぐに謝りなさい」

 

■前園は「ヘディングが好きじゃない」

コメントを求められた前園は「アメリカではもうだいぶ前に10歳以下だったかな? 禁止になってます」と語る。そして「僕がもともとヘディング好きじゃなかったんで。プロになってからもあまりしてなかった。ポジション的にも」と告白。

続けて「子供の頃に僕はヘディングの練習をほとんどしてなくて、やらされてた部分はあったんですけど、嫌でしたね」と思い出を語った。

次ページ
■嫌な理由は…

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

子供サッカーイギリス練習バラいろダンディ認知症前園真聖ヘディング
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング