「自然災害で避難の経験」最も多いのは30代男性 会社で地震が起きて

自然災害では、事前の備えが重要だ。いざというときのために、近くの避難所を確認しておくべきだろう。

ライフ

2021/04/28 10:30


 

■日頃から備えておくべき

大きな自然災害は経験していなくても、日頃から備えはしておくべきである。

「これまで、避難するほどの災害に遭ったことがない。ただこれは運がいいだけなので、日頃からきちんと備えておく必要はあると思っている」(20代・男性)


「大きな自然災害をニュースで観たときには、怖くなって避難グッズをそろえるなどの準備をする。しかし時間が経過すると、その気持ちを忘れてしまうのがいけないところ」(30代・女性)


関連記事:育児中の菊地亜美、地震後すぐに購入したものを紹介 「常備してなかった」

 

■避難は早めの判断が重要

会社などでは、いざというときのために避難訓練が行われている。

「会社が入っているビル全体で、定期的に避難訓練が行われている。大事なことだけれど、できることならば本当に避難するようなことは起きないでほしい」(20代・女性)


避難する場合には、早めの判断も重要だ。

「台風で風が強くて、家が飛ばされるのではないかと不安だった。ただこの状態で外に出るのも危険だと思ったので、避難せずに家にいた。台風が来る前に、避難するべきだった」(40代・女性)


家や職場から近い避難所はどこなのか、確認しておくことも大切である。

・合わせて読みたい→ユニクロのヒートテック、潜在能力を覚醒させるには… 温める3つの部位が存在した

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年10月28日~2019年10月30日
対象:全国10代~60代の男女1,733名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)