絶対に譲れない… 他人からすればくだらない自分なりのこだわり4選

他人からすればどうでもいいと感じるようなことでも、自分なりにこだわりを持ってる人がいる。

2021/05/07 11:00

会議室
(kazuma seki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人にはそれぞれ、なにかしらのこだわりがあるものだ。他人に迷惑をかけないのであれば、貫くのも悪くないだろう。そこで、しらべぇ取材班が「自分なりのこだわり」について聞いてみた。



 

①甥におばさんと呼ばせない

「姉が結婚して子供もでき、すくすくと成長しています。甥っ子はとてもかわいいのですが、姉が私に『もう、おばさんだよ』と言ってくるのが嫌なんです。実際の関係性も叔母なので、ウソではないのですが…。


たださすがに20代で『おばさん』と呼ばれるのはつらいので、まだあまり話せない今から名前で呼ぶように教えています。ただ母である姉が邪魔してくるので、どうなることか…」(20代・女性)


関連記事:M‐1王者・野田クリスタルの“背中”を心配する声 「つり革つかまるかも」

 

②つり革は触らない

「私は潔癖症なところがあり、不特定多数が触ったものが苦手なんです。たとえば電車のつり革や手すりなどは、できる限り触らないようにしています。とくに最近は新型コロナの流行により、さらにつり革などへの警戒心が高まっていて…。


ただ電車が揺れたときには、さすがにつり革や手すりをつかんでしまいます。そんなときには、電車から降りた後に、手を消毒するんです。今だと、怪しい行為には思われないので…」(40代・女性)

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
③1杯目は必ずビール
ビール会社他人こだわり潔癖症敬語
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング