いかにも怪しいジュラルミンケース、開けてみると… 愛情あふれる正体に称賛の声

「怪しい取り引き」に使用されるイメージの強いジュラルミンケース。ネット上で話題になっている、こちらのケースに収められていたものとは…。

話題

2021/05/13 05:45

ジュラルミンケース
(画像提供:なるみさん)

怪しい取り引き時に用いられる三種の神器といえば、やはり「サングラス」に「上下黒のスーツ」、そして何やら意味ありげな「ジュラルミンケース」だろうか。取り引き場所が埠頭付近にある倉庫であれば、シチュエーションも完璧である。

しかし現在ツイッター上では、そんな物々しいイメージを覆す新手のジュラルミンケースが注目を集めているようだ。



 

■中身に入っているのは…

話題となっているのは、ツイッターユーザー・なるみさんが8日に投稿した一件のツイート。こちらの投稿にはジュラルミンケースの写真が二枚添えられており、1枚目の写真からは中身を確認することができない。

2枚目の写真には開いた状態のケースが写っているのだが…なんと中から飛び出したのは、「ブルボン」を代表するといっても過言ではない銘菓「ルマンド」である。それも大量のルマンドが詰まっているのでなく、こちらのケースはルマンド「単品」のために作られたことが判明。


関連記事:小林礼奈、お菓子を朝ごはんに ヨーグルトとパンを食べる娘に「おひとつどーぞ」

 

■ルマンドガチ勢の熱い気持ち

ツイート本文にて「ルマンドが袋の中ですぐボロボロになっちゃうの本当に悲しいから、安全に持ち運べるようにルマンド専用のジュラルミンケース作った」と、ルマンド愛について語るなるみさん。

ルマンドガチ勢の純粋且つ熱い気持ちに心を動かされたユーザーは多いようで、こちらの発明品に対し「これならルマンドも安全!」「自分用に欲しいわ」「胸ポケットからサッと取り出してみたい」といった称賛の声が多数上がっていた。

今回の発明を閃いた経緯について、なるみさんに詳しい話を聞いてみると…。

次ページ
■ルマンドに対する騎士道精神

この記事の画像(2枚)