カズレーザー、五輪開催を疑問視する番組に 「報道させてくれるんですかね」

カズレーザーが東京オリンピックの開催を疑問視するメディアに対して指摘。視聴者からは共感の声が。

テレビ

2021/06/11 12:25

メイプル超合金・カズレーザー

メイプル超合金・カズレーザーが、11日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)に出演。オリンピックの開催を疑問視する番組への指摘に、視聴者から反響が。



 

■開催の可否や観客の有無に言及なし

この日の番組では、千葉県が開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックのパブリックビューイングの中止を発表したと紹介。

またIOCのトーマス・バッハ会長が11日に行なった会見で東京オリンピックの開催の可否や、観客の有無に関する説明が一切なかったことを報じた。バッハ会長は6月の来日を見送るとし、「7月中旬に訪れるほうがいいとの結論に至った」と語った。


関連記事:カズレーザー、東京五輪の開催に言及 「やめられるときにやめるのが一番大事」

 

■「別に悪化していない以上は…」

バッハ会長の会見を受け、番組MC・谷原章介は「バッハ会長は、東京オリンピックについてほとんど話さなかった」「印象的な発言がなかった」と語る。

その後、谷原からコメントを求められたカズレーザーは、バッハ会長が大会の開催について言及しなかったことについて「40日前なんで実施段階にないとできないわけだから」としつつ、「もともと、ずっと開催前提の話を進めていたので、状況が別に悪化していない以上はとくに触れることは、もちろんないと思う」とコメントした。

次ページ
■いざ開催されたときの懸念点