賽銭泥棒の決定的瞬間を防犯カメラが捉えた 弁護士宮司は「悲しいことだが許せない」

職員は「いかにも慣れた手付きで、プロによる犯行だろう」と話す。

2021/06/27 12:55

秩父今宮神社

全国の神社での盗難事案が相次いでいる。先月は亀有香取神社(東京都葛飾区)から、複数のカメが盗難にあい、神主が「そって返して」と訴えている件を取材。今度は、栃木県内の神社に賽銭泥棒が出没した。



 

■2日に1度出没

秩父今宮神社(埼玉県秩父市)は、日本有数の古社。その歴史ある由緒正しき神社に、バチ当たりな賽銭泥棒がやってきたが、犯行の瞬間を防犯カメラが捉えた。この男性はここ1カ月間、2日に1度程度やってきていたため、神社側が4~5カ所に防犯カメラを設置。


映像は今月25日の午後5時頃、職員が帰宅後たまたま戻ってきた際に、男性と遭遇したときのものだ。職員が「何をやっているのですか」と声をかけると、男性は「賽銭箱にものを落としてしまった」と応え、そのまま立ち去ってしまったという。


関連記事:約50種類のお守りを全国発送する神社が話題 特例実施する理由を宮司に聞いた

 

■警察に被害届提出

男性は小銭を賽銭箱に入れて手をあわせた後、棒のようなものを取り出して箱の中に突っ込んでいる。棒の先には、粘着剤のようなものが確認でき、引き上げた棒にはお札がついていた。職員は「いかにも慣れた手付きで、プロによる犯行だろう」と話す。

この日確認された被害はお札2枚で、警察に被害届を提出。神社側は公益性を鑑み、防犯カメラ映像の公開に踏み切った。


■参拝者の気持ちを踏みにじる行為

この神社の宮司である塩谷氏は、現役弁護士。「業界内では、うちも被害にあったという話を聞いている」と語る。また、「神社という組織に対する犯罪であると同時に、参拝者の気持ちを踏みにじる行為だ」と憤る。

最後に「神様のまさに目の前でなされているのが、悲しいし許せない」と述べた。神社ではこの男性に関する情報を募っている。

・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』胡蝶しのぶの産土神社が判明 同地に秘められたドラマが胸熱すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

神社プロ盗難カメ栃木県防犯カメラ亀有香取神社秩父今宮神社賽銭泥棒
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング