丸亀製麺、またまた神戸牛の限定メニュー! この価格で食べられるとは…

丸亀製麺から、またまた「神戸牛」を使った数量限定メニューが登場! 7月6日(火)から。

2021/06/29 18:10

丸亀製麺

7月6日(火)より丸亀製麺では、神戸牛シリーズの第4弾として「神戸牛旨辛つけうどん」(890円)と「神戸牛焼肉丼」(590円)が数量限定で発売される。


画像をもっと見る

 

■神戸牛旨辛つけうどん

丸亀製麺
(神戸牛旨辛つけうどん)

丸亀製麺の“夏うどん”として販売される「神戸牛旨辛つけうどん」は、たっぷり1.5玉分の打ち立てうどんのコシにも負けない、肉厚で、神戸牛ならではの溢れる脂の旨みを贅沢に感じられる、特別な一杯に仕上げられているという。

丸亀製麺
(神戸牛旨辛つけうどん)

ごま油を絡めたシャキシャキの白ねぎが食感のアクセントになっている他、特製の旨辛だしのピリ辛ラー油にも食欲をそそられる。

同社によると、少し食べたところで温泉玉子を崩して絡めることで、黄身のコクが合わさり、まろやかな味わいも楽しめるとのこと。


関連記事:4月から色んなものが値上がり… 新生活応援に『松屋』が立ち上がる

 

■「神戸牛焼肉丼」も同時発売

丸亀製麺
(神戸牛焼肉丼)

同時発売される「神戸牛焼肉丼」はテイクアウトも可能。注文ごとに一杯ずつ焼き上げられ、熱々のごはんの上に神戸牛、卵黄、ごまがトッピングされており、にんにくやしょうがの効いた味付けになっているという。

なお、より濃厚でコクのある味わいにするため、生玉子は卵黄のみが使用されており、神戸牛の上質な脂と卵黄をごはんにしっかり絡めて食べるのがポイントだ。


■生産者を応援…同社の思い

2020年秋から販売され、毎回大好評となっている“神戸牛シリーズ”の第4弾となる今回は、「うどんで日本を元気にプロジェクト」として、丸亀製麺の創業地・兵庫県の神戸牛を使用し、多くの方々に元気になってほしいという同社の思いが込められている。

同社は「これからも、生産者のみなさまが心を込めて作る、おいしい食材をお店で調理してお客さまに提供し、生産者と信頼関係を築きながら、生産者応援に取り組みます」とコメントを発表している。

・合わせて読みたい→常連客なら常識 丸亀製麺の「釜揚げうどん」を最高においしく食べる方法

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

丸亀製麺テイクアウト数量限定神戸牛生産者応援つけうどん旨辛グルメ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング