ウイカ、ジェネレーションギャップに持論 古い例え「わかんねぇ」は若者の怠惰

アルコ&ピースが世代差に悩むなか、ファーストサマーウイカが鋭い持論を展開して…。

2021/07/08 08:15

ファーストサマーウイカ
(写真提供:JP News)

7日深夜放送『太田伯山ウイカのはなつまみ』(テレビ朝日系)にアルコ&ピース・平子祐希と酒井健太が登場。ジェネレーションギャップに悩む彼らに、ファーストサマーウイカが鋭い持論を展開した。



 

◼客層が若い

酒井は「僕ら、芸歴もう16~7年なんですけどお客さんが若くて。例えとかワードのチョイスとか、ピントがズレてきてるというか」と若い世代に合わせたネタ作りが大変だと吐露。

平子も「『ドラゴンボール』で例えて、『クリリンとフリーザのアレじゃん』みたいなこと言っても誰もわからない。(お笑い)第7世代はそれを直接苦情言うようになったから、『みんながドラゴンボールを知ってると思わないでくださいね』って言われて、こっちも腰から崩れ落ちるしかない」とジェネレーションギャップを感じていると力説する。


関連記事:店番を任せたはずが… 20代若者の自由すぎる発想に「どうしてこうなった」

 

◼ウイカの主張

ウイカは「『その例えわかんないからヤメろ』って(若手が)言うのは怠惰だと私は思ったんで、若い世代からしても」と主張。

その一方で、同じ週刊少年ジャンプの人気コミックという点からも「『ドラゴンボール』の例えを『呪術廻戦』でも使えるものがあるはずだから、そういうアップデートがあってもいいのかな」と上の世代が若者向けに例えを更新する努力も必要だと語る。

次ページ
◼無知を恥じるべき?
テレビドラゴンボールジェネレーションギャップアルコ&ピース平子祐希ファーストサマーウイカお笑い第7世代呪術廻戦酒井健太太田伯山ウイカのはなつまみ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング