中川翔子、町田市小学校のいじめ自殺報道に懸念 「なぜわからないのか」

中川翔子が、昨年東京・町田市で小6女児が自殺した事件について言及。多くのユーザーから共感する声が寄せられている。

2021/09/14 12:45

中川翔子

14日、タレントの中川翔子が自身の公式ツイッターを更新。昨年、東京都内で小学6年生の女子児童が、いじめ被害を訴え自殺した報道について言及した。



 

■女子児童の両親が記者会見

昨年11月、東京・町田市の公立小学校に通う当時12歳の女子児童が、同級生数人の氏名といじめの内容を記した遺書を残し、自宅で自殺。女子児童の両親は「事実を明らかにしてほしい」と訴えていることが報道されている。

昨日13日に開かれた記者会見で両親は、学校貸与のタブレット端末を使用したSNSに、女子児童に向けた「うざい」「死んで」などの書き込みがあったことを指摘。学校の対応に不信感を訴え、徹底した調査を求めた。現在、市教育委員会はいじめと自殺の因果関係を調査しているという。


関連記事:古市憲寿氏、小山田圭吾の炎上に持論 「いじめという言葉がよくない」

 

■中川「いじめ、という言葉が軽すぎる」

中川はこの事件の報道記事を引用し、「こんなことが起きるなんていじめ、という言葉が軽すぎる」「言葉は人の命を奪うこともあるとなぜわからないのか、、、」とツイッターに吐露した。

投稿には、318件のRTと1,387件のいいね(11時40分時点)がついており、多くのユーザーが反応している。

次ページ
■悲しみや憤る声も

『「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない』著:中川翔子【Amazon】

イジメ小学校タブレット誹謗中傷中川翔子女子児童公式ツイッター東京都町田市
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング