田原総一朗氏、総裁選不出馬の菅首相に同情 「続投許さなかった」「非情なもの」

ジャーナリストの田原総一朗氏が、8月26日の菅首相との面会を回顧。直後に総裁選不出馬を表明したが、当時は続投を進言したという。

2021/09/17 20:10


 

■官邸で続投を勧めるも…

そしてブログ後半、田原氏は「状況がめまぐるしく変化したので、遠い昔のように感じるが、8月26日、私は首相官邸で、菅義偉首相に会った」と告白。

「私は菅さんに、『辞めろという声が多いようだが、ここで辞めるのは無責任だ。なんとかコロナを押さえ込むまで、がんばってほしい』と言った」と続投を進言していたことを明かす。


関連記事:和田アキ子、菅首相の会見に「それを早く言え」と指摘 最後は労いも

 

■「非情なものだ」と語る

これに対する首相の答えは前向きで、「菅さんは、『政治生命をかけてがんばりたい』と、きっぱりと語っていた。あの時点で菅さんは、本当に我が政治生命をかけて、やり抜く覚悟だったと思う。目の前の私に、その覚悟がひしひしと伝わって来た」と田原氏はやりとりを明かす。

しかし、その後の流れは周知の通りで、田原氏は「しかし、状況が続投を許さなかった。もう半世紀も政治の世界に関わっているが、あらためて非情なものだと思う」と政治の世界のシビアさをにじませたのだった。

・合わせて読みたい→生配信も仕切る岸田陣営の懐刀・村井英樹衆院議員 「首相の発信力に必要なのは『回答力』」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

田原総一朗『こうすれば絶対よくなる!日本経済』【Amazon】

政治自民党田原総一朗菅義偉自民党総裁選総裁選挙
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング