ビートたけし、政治家のコロナ対応に憤り 「責任を取る感じがない」 

ビートたけしが政治家のコロナ対応について苦言。コロナ収束の形にも言及。

2021/09/26 14:30


 

■政治家のコロナ対応に苦言

番組の終盤、たけしは「緊急事態宣言もこれだけだしたり終わったりしたら、なんだかわからない」と話す。

続けて「菅総理じゃ今度の選挙は勝てないって、勝つ相手が違うだろ。選挙じゃなくてコロナに勝てよ。それなのに、誰かが勇気を持って、今から法整備をちゃんと訴えて」と指摘。

最後に「正しいことは正しくやっちゃって、責任を取る感じがなくなったね、今の政治家はね。まあそういうことで。ちょっと頑張っていただいて。コロナ禍ってのは、あと何年続くんだろう」と嘆いていた。


関連記事:ビートたけし、花火の最新技術を説明 博学ぶりに「火薬田ドンみたい」と称賛

 

■視聴者の反応は…

政治家に対するたけしの苦言に視聴者からは「その通りだと思う」「全政治家に聞いてもらいたい」「責任を取る政治家が本当にいなくなった」と同調の声が相次いでいた。

・合わせて読みたい→小林よしのり氏、緊急事態宣言の延長をブログで批判 「まったくの無意味」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

ビートたけし『コロナとバカ』【Amazonでチェック】

病気政治インフルエンザ東国原英夫ビートたけしTVタックル新型コロナウイルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング