Netflixドラマ『イカゲーム』が未配信の中国で大流行 関連グッズで大儲け業者も

韓国のドラマながら中国で大ヒットし、グッズの検索上位は中国製品だらけだという。

2021/10/13 14:00


 

■商才に海外の人々は感心

このニュースに対して海外掲示板のredditなどでは、「みんな違法アップロードで見ているってこと?」「直接見る手段がないのは残念だと思う」「むしろドラマの内容について中国人がどう思っているかが気になる」と議論が交わされていた。

ほかにも「放送がはじまってすぐにマスクを売り始めた商才がすごい」「緑色のジャージを売るだけで儲けられるなんて」と、商売に関することでの中国人の勘の良さに驚くコメントも見られた。


関連記事:有吉弘行、ファイナル迎える『ウォーキング・デッド』に嘆き 「最大の謎が…」

 

■正規の手段で見るべき

こうした品々は、ハロウィンシーズンのコスプレ用衣装として、ますます大きな利益を上げる可能性を秘めている。

一方で韓国・誠信女子大のソ・ギョンドク教授は5日、違法ダウンロード視聴を続ける中国のネットユーザーに対して自身のFacebookで「他文化を尊重すべきだ」と批判しており、ドラマの人気が両国の関係に与える影響は未だ未知数だ。

・合わせて読みたい→城田優が語るマニアックな“ゾンビ対策”とは? 「今日まで警戒して生きてきた」

(文/しらべぇ編集部・びやじま

基礎から学べる!著作権“早わかり”講座【Amazonでチェック】

ドラマハロウィン韓国マスク中国話題Netflixジャージ翻訳記事イカゲームCoupangAlibaba違法ダウンロード
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング