遊園地のワニと自撮りしようと… 置物と勘違いした男性が噛まれる惨事

好奇心の代償は、あわやワニのエサ? 楽しいはずの遊園地で、ハプニングが起きた。

2021/12/04 14:00

ワニ・クロコダイル

フィリピンの遊園地で、園内にいた1匹のワニをプラスチック製の置物だと思った60代の男性が、自撮りをしようとした。ところがそのワニは生きており、攻撃されてけがを負ったことを、『boingboing』『odditycentral』などの海外メディアが報じている。



 

■園内にワニの置物?

11月のある日、フィリピンのカガヤン・デ・オロ市にあるアマヤビュー遊園地で、家族と一緒に誕生日を祝うために同園を訪れたネミヤス・チパダさん(68)という男性に災難が降りかかった。

園内の一角で、実物そっくりに作られたプラスチック製のワニの置物を発見し、頭を叩くなどしながら一緒に自撮りをしようとしたのだ。この時点で、ワニが本物だという考えは微塵もなかったようだ。


関連記事:子供たちの目の前で飼育員がワニに襲われ… 勇敢な父親が背中に飛び乗り救出成功

 

■本物だと気づいた時には…

頭を叩かれたことに腹を立てたのか、それとも距離があまりにも近すぎたのか、ネミヤスさんが置物などではなく本物だと気づいた時には、すでにワニの歯が左腕に深々と食い込んでいたという。

SNSを通じて拡散された映像には、ネミヤスさんが叫びながら腕を引き抜こうとするショッキングなシーンが映し出されており、最終的にはけがを負いながらも、ワニから逃げのびることに成功したようだ。

次ページ
■セキュリティの甘さが原因?

ザ・クロコダイル 人喰いワニ襲来【Amazonでチェック】

自撮りフィリピン話題ワニ翻訳記事アマヤビュー遊園地置物
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング