TBS日曜劇場『日本沈没−希望のひと−』 ノベライズ完結編が発売決定

小栗旬主演で視聴率も好調のTBSドラマ『日本沈没−希望のひと−』。ノベライズ下巻の発売が決まった。

日本沈没

現在放送中のTBS日曜劇場ドラマ『日本沈没−希望のひと−』。1973年に発表された小松左京原作の不朽の名作SF小説『日本沈没』に大きなアレンジを加え、小栗旬主演で映像化された。



 

■ノベライズ完結編が発売

原作の魅力に俳優陣の迫真の演技、映像の迫力も相まって高視聴率を記録している同ドラマ。これまでも数々のドラマ、映画と映像化されてきたが、今回は原作の持つテーマや息吹をしっかりと守りつつ、設定を大胆にアレンジしているのも特徴だ。

そのドラマをノベライズした『日曜劇場 日本沈没−希望のひと−』の完結編となる下巻が、22日に発売されることが決まった。

日本沈没


関連記事:ガッツ石松、ドラマ『日本沈没』に出演 漁師役で存在感ある演技

 

■第二波の危機が襲う

11月に発売されたノベライズ上巻では田所博士(香川照之)が提唱する「関東沈没説」をめぐり、環境省の官僚・天海啓示(小栗旬)が政界、メディア、財界を関東の住人を護るため奔走。

そして、関東沈没は発生したものの、田所博士の予想よりは少ない被害で済む結果に。しかし、下巻では関東沈没を上回る「第二波」、日本沈没の危機が襲う。迫りくる日本沈没の危機に、現代の日本人はどのように立ち向かうのか?

どんな状況でもあきらめない人々、信念を貫く人々を描く、現代版『日本沈没』の世界をノベライズ。原作小説とはまた異なる、新たな『日本沈没』の世界が広がる。

・合わせて読みたい→ウエンツ瑛士、『日本沈没-希望のひと-』で官僚役 愛されるムードメーカーに

(文/Sirabee 編集部・タカハシマコト

日本沈没-希望のひと(上)【Amazonでチェック】

小栗旬TBS香川照之日曜劇場扶桑社ノベライズ小松左京日本沈没日本沈没−希望のひと−
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング