TBS『報道の日2021』が全面刷新 2部構成・9時間にわたり真相に迫る

第1部「コロナ✕五輪✕日本」、第2部「極秘メモが語るスクープの真相」。あなたの「なぜ?」に答える。

報道の日

今年で11年目を迎える年末の『報道の日』(TBS系)が、大型特別番組として全面リニューアル。12月19日午後2時から9時間にわたって2部構成で放送される。


画像をもっと見る

 

■第1部「コロナ×五輪×日本」

第1部は、午後2時から6時30分まで生放送で届けられる。日曜朝の『サンデーモーニング』(TBS系)でお馴染みの関口宏が司会を務め、「報道年録」として、激動の2021年を「コロナ×五輪×日本」の視点で様々な角度から検証。

なぜ日本のワクチン開発は遅れたのか?  なぜ人口当たりの病床数世界一の日本で医療崩壊が起きたのか?  その日本がなぜ台湾にワクチンを提供したのか?  なぜ GoToトラベルは感染者数増加と「関係ない」とされたのか?

また、なぜ予定されていたドローン演出は五輪開会式から消えたのか? コロナはいったい日本の何を変えたのか? など、東京五輪開催をめぐる政府と専門家の攻防と決断の舞台裏が、調査報道によって明らかにされる。


関連記事:東京五輪の無観客案に錦織選手が「残念」 ジョコビッチ選手は「だったら不参加かも」

 

■「宣言」を巡る政府と専門家

<日本の危機管理 政府と専門家の攻防>

新年早々に発出された2回目の緊急事態宣言。感染者の増加が続くなか、年末には専門家が独自に緊急事態宣言の提言を準備していたことが取材で明らかに。「宣言」を巡る政府と専門家の攻防が解き明かされる。

<物流コンテナ不足>

徐々に動き始めた経済活動のさなか、相次ぐ商品の「値上げ」に「品不足」。背景には世界的に深刻なコンテナ不足の影響があった。さらに、スエズ運河で起きた座礁事故が拍車をかけることに。私たちのの生活を支える物流の現場では、今何が起きているのか。

次ページ
■急遽「無観客開催」に変更の裏側に何が

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

アフガニスタン防護服緊急事態宣言無観客開催報道の日コンテナ不足五輪開会式ショドウ西鉄バスジャック市橋達也受刑者
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング