雪が大好き“美食家”な柴犬 飼い主は「降っている雪を食べようとする」

柴犬ハルは美食家でもあり、ドックフードの味に飽きやすいところがあるという。

柴犬ハル

強い冬型の気圧配置の影響で、北海道では18日午前日本海側を中心にまとまった雪が降った。札幌市と小樽市では24時間降雪量が観測史上最多を記録。

また、オホーツク管内置戸町で氷点下13.2度を記録するなど厳しい寒さとなった。そんな中、雪が大好きな道内の柴犬がSNS上で話題を呼んでいる。

【動画】雪を食べたがる北海道の柴犬


画像をもっと見る

 

■寒さにとても強い

北海道の柴犬ハルは、メスの5歳で暑さが大の苦手。一方で寒さにはとても強く、冬になると散歩の距離が倍に伸びるという。

飼い主は「降ってくる雪を食べたり、新雪にゴロゴロするのが大好きなようだ」と話す。また、性格については「頑固でツンデレなところがある典型的な柴犬」と語った。


関連記事:飼い主に見捨てられ7年 ネットで大人気の柴犬が約280万円で落札

 

■美食家ハル

ハルは美食家でもあり、ドックフードの味に飽きやすいところがあるそうだ。「新しいご飯にしても、3日で飽きてしまう。今はドックフードにゆでた鶏のささみなどを少しトッピングしている。

また、夜ご飯にはゆで野菜もトッピングする」と飼い主。特に好きな食べものは、ゆでたささみと納豆だという。

次ページ
■芝ドリル炸裂

いぬほん 犬のほんねがわかる本【Amazonでチェック】

北海道話題ドッグフードトッピング大雪柴犬ツンデレ恒例行事観測史上最多芝ドリル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング