ここ最近注目される「ルッキズム」 法的に問題となるケースを弁護士が解説

ここ数ヶ月の間で、注目されている「ルッキズム」という言葉。弁護士が解説。

2022/03/06 16:00

全身鏡を見る女性

ここ最近、「ルッキズム」という言葉が注目されています。法的に問題となるとすればどんなケースがあるのか、本記事では弁護士が解説しています。



 

■ルッキズムとは

近年登場した「ルッキズム」という言葉。外見至上主義を意味する「looks+ism」の造語で、この“イズム”というのは、セクシズム(性差別)、レイシズム(人種差別)などの言葉にも使われているように、差別的な意味を持ちます。

「ルッキズム(外見差別)」という新しい概念の言葉が登場し、イズムがついているということは、外見について指摘することは差別であり、“やってはいけないこと”に認定されたということです。


関連記事:川﨑麻世、一部メディアを訴えた裁判の終了を報告 「安堵しております」

 

■プロゲーマーの炎上騒動でも注目

最近では、プロeスポーツチームに所属していた選手が、身長が170cm以下の男性について「人権ない」などと発言したことが、インターネット上で炎上騒動へと発展。

当該選手はチームとの契約は解除となり、自身の発言についても謝罪している。

次ページ
■法律に触れるケースもある?

こどもジェンダー【Amazonでチェック】

法律コラム容姿話題プロゲーマー齋藤健博ルッキズム外見差別
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング