倉持仁医師、PCR検査の陽性率5割超えに悲鳴 「やめたくなります」

倉持仁医師が新型コロナウイルスの高い陽性率を報告。厳しい現状に思わず弱音も…。

2022/03/21 18:00

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

呼吸器専門医の倉持仁医師が21日、自身の公式ツイッターを更新。自らがおこなったPCR検査の高い陽性率を報告し、続いている厳しい現状を伝えた。

【ツイート】陽性率の高さに「やめたくなります」



 

■続く厳しい現状に弱音

倉持医師は「本日3回目のPCR62例中32例陽性、陽性率51.6%」と半数以上が陽性となる検査結果を報告。「本日の外来も300人を超え、これで解除で対策が進まなければBA. 2(ステルスオミクロン)にやられます」と厳しい現状を伝えた。

先の見えない現状に倉持医師は「もう発熱外来とかもやめたくなります。てか、もちません」と弱音を漏らす。

各都道府県で出されていた「まん延防止等重点措置(まん防)」は17日の時点で政府から21日をもって解除となることが発表されているものの、19日の新規陽性者は全国で44,611人と未だ安心できない水準を保っている。


関連記事:倉持仁医師、検査の急増で職員が徹夜状態に 「連絡も入力も追いつかない」

 

■まん防解除に疑問の声も

倉持医師の投稿に「事態は全く改善してないのに世の中すっかり収束モードになっているのが心底不思議でしかたありません」「やはりBA.2は、まん延してしまうのでしょうか」「本当にまん防解除で問題ないのか?」と政府の対応に疑問の声が集まった。

また、それでも戦わざるを得ない倉持医師ら医療従事者に「先生も疲れがたまっていると思いますが ご自愛ください」「倉持先生、どうか頑張ってください」「医療現場にいる先生方、 ほんとに大変だと思います。お疲れさまです」と心配と応援の言葉が届いていた。

新型コロナウイルス 抗原検査キット5個セット【Amazonでチェック】

次ページ
■進まぬ対策に「もちません」
ツイッター医療従事者解除新型コロナウイルスPCR検査感染対策まん延防止等重点措置陽性率倉持仁ステルスオミクロン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング