『六本木クラス』、香川照之”出演シーン”カットで… 原作ファンから心配の声

クライマックスを迎える『六本木クラス』。原作ファンは「不安」を抱えていて…。

2022/09/14 17:15

香川照之

「あなたに罰を与えるのは僕なんですよ。だから、まだ死ぬな」。竹内涼真が鬼気迫る表情を浮かべながら電話する──。15日に放送されるドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)の予告映像の一幕だ。

ドラマはクライマックスを迎え、ますます盛り上がりを見せているが原作ファンは「ラスト」を心配していて…。



 

■韓国ドラマのリメイク

『六本木クラス』は、2020年に大ヒットした韓国ドラマ『梨泰院(イテウォン)クラス』のリメイク作品。主人公は国内最大の外食企業の御曹司とのトラブルと、その父親の不当な圧力によって服役することになる。

出所後、東京・六本木で成功し、自分の人生を狂わせた外食企業の会長に復讐する様子を描いた物語だ。主人公を竹内が演じ、「敵役」となる会長役を香川照之が務める。

香川は8月24日と31日の『週刊新潮』で過去の「性加害」について報じられた。度重なる報道を受けて、彼が出演していたテレビの降板やが続々と決定。だが、『六本木クラス』は変わらず収録・放送を継続している。


関連記事:竹内涼真、『六本木クラス』の現場では”封印” 関係者が驚く「意外な特技」

 

■予告映像に変化

ドラマ内では、竹内の前に立ちはだかる「最後の敵」として君臨し続けている香川。だが、報道が加熱する中でちょっとした変化も出ている。

原作・今回のドラマ共に大ファンで毎週欠かさず『六本木クラス』を視聴しているという30代女性が語る。「9月8日、テレビ朝日の公式You Tubeチャンネルに15日放送の11話の予告映像がアップされました。そこに香川さんが映っていなかったんです。物語はいよいよ竹内さんとの最終対決なので、香川さんの出番はあるはずです。それ以前の次回予告では、香川さんがほぼ毎回映っていたので驚きましたよ」(30代女性)。

根強い人気を誇る原作【Amazonでチェック】

次ページ
■原作ファンが抱く「不安」
土下座テレビ朝日半沢直樹香川照之竹内涼真韓国ドラマ六本木クラス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング