さまぁ~ず、テレビ番組のアクリル板への本音 「バラエティにおいては…」

コロナ禍でテレビ番組の収録中に利用されているアクリル板について、さまぁ~ずが本音を漏らし…。

2022/10/20 11:10

さまぁ〜ず

19日深夜放送『紙とさまぁ~ず』(テレビ東京系)で、コロナ禍で誕生したテレビ番組収録時のアクリル板やマスクによる飛沫対策について言及。さまぁ~ず・大竹一樹と三村マサカズが本音を明かした。



 

■紙ゲストは三浦瑠麗氏

同番組は、ゲストの「さまぁ~ずが中心となって考えたアンケート」の回答をもとに、さまぁ~ずが議論を交わしていくゲスト不在のトーク番組。

今回はさまざまなメディアで活躍する国際政治学者・三浦瑠麗氏がアンケートに答える「紙ゲスト」として参加した。


関連記事:三村マサカズ、いまだに納得できない教師の対応を熱弁 「先生のほうが悪い」

 

■三浦氏の疑問

多くのアンケートに真摯に答えていった三浦氏。そのなかに「さまぁ~ずに聞いてみたいことや、最近気になっていること、または疑問に思っていることがあれば教えてください」との質問も。

これに三浦氏は「そろそろマスクどうにかならないですかね」と新型コロナウイルスに関する逆質問を記載。「アクリル板越しにツッコむというのも手が当たったりして、イヤになったりしないですか」とさまぁ~ずに尋ねた。

創味菓庵 スイートポテト 6個【Amazonでチェック】

次ページ
■アクリル板に不満?
テレビマスク三村マサカズさまぁ~ず大竹一樹三浦瑠麗新型コロナウイルスアクリル板紙とさまぁ~ず
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング