皆既月食を知らず「月、変ですね」と話した女性 相手の天才的すぎる返しが話題に

皆既月食の日に起こった「笑撃的な出来事」。その水面下で繰り広げられたオシャレな恋愛ストーリーが沁みる…。

2022/11/11 04:00

皆既月食

8日に起こった、「皆既月食」と「惑星食」の共演。442年ぶりという組み合わせを見るために、夜空を眺めた人も多いことだろう。今ツイッター上では、8日が皆既月食だと知らなかった女性の「笑撃体験」が話題になっているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】これには思わず笑ってしまう…



 

■天才的すぎる返しに思わず笑顔

「今日が月食だって知らなくて『月、なんか変ですね』って言ったら、『馬鹿な夏目漱石』って返されて、歯茎出して笑った」と投稿したのは、ツイッターユーザーのおもちさん。この日は19時16分から皆既月食となり、月が赤黒く変化したため、事前に把握していなければ「月が変だ」と思うのも理解できる。

一番の驚きは、「月、なんか変ですね」=「馬鹿な夏目漱石」という相手側の天才的な返し。すでに理解している人も多いと思うが、夏目漱石が英語教師をしていたころ生徒に「I love you」の日本訳を問われて、「月が綺麗ですね」と教えたという有名な逸話が、天才的すぎる返しのベースになっているのだ。瞬時にそのワードを導き出せるなんて、言葉選びのセンスがありすぎるだろう…。


関連記事:要潤、皆既月食の撮影中にUFOを激写? 「連続で見ると移動してる…」

 

■ネットでは笑ったという人が…

おもちさんの投稿にネットでは、「面白すぎてお腹痛い」「すげぇいい…これは歯茎出して笑う」「ここ最近で一番好き」「全部良い。体震えるほど笑った」といった具合に、思わず笑顔になったという人からの声が続出。

他には、「『馬鹿な夏目漱石』。言葉のセンスが良いな」「これは一本!」「秀逸すぎる」「返しがロマンチック過ぎてヤバい」など、相手の返しを褒めるコメントも多く見られた。


■相手は好意を寄せている先輩

今回の投稿は、わずか数日で12万件を超えるいいねを獲得。大きな話題を呼んだ天才的な返しは、おもちさんが好意を寄せている職場の先輩によるものだという。

当時の心境については、「『月、なんか変ですね』は、夏目漱石を意識せずに発言しました。私は月が綺麗とは言えなかったので、『もしかしたら、脈ナシと捉えられてしまうじゃないか!』と思いましたね」と笑いながら話してくれた。面白い会話の水面下で、恋愛ドラマのような展開が繰り広げられていたとは…。


■その後の会話は…

気になるその後の会話を聞いてみると、「先輩の発言に対し、『いや、良い返しをされたな~』と笑って流した後に、週末に行う予定の飲み会の話などをしましたね」と説明するおもちさん。

皆既月食よりも大切である週末の飲み会では、2人で夜空を眺めながら「月が綺麗ですね」と伝えられると良いなぁ…。

・合わせて読みたい→オールスター第2戦 「坊っちゃんスタジアム」はどうしてこの名前なの?

(取材・文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

天文ガイド11月号【Amazon】

恋愛職場会社先輩会話皆既月食
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング