今田耕司が股間に書いていた「1文字」 『ごっつ』時代の秘話を告白

当時をよく知る東野幸治によれば、今田は収録や大事な仕事の直前にトイレに向かい…。

2023/01/25 07:25

今田耕司

お笑い芸人の今田耕司が24日放送の『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)に出演。東京に進出した当時を振り返った。



 

■戦友の東野幸治が登場

今回は「今田耕司SP」。親交のある芸人たちがVTR出演し、今田との関係や素顔を語っていくことに。

最初に登場したのは、30年以上の付き合いだという東野幸治。90年代に放送された伝説的バラエティ番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』のメンバーとして上京した今田について話した。


関連記事:今田耕司、今もアダルトビデオを購入する理由を告白 「純粋な…というか」

 

■股間の先に書いた1文字

東京では無名だったため、「失敗することは許されない」というプレッシャーを常に抱えていたそう。

収録や大事な仕事の直前はトイレに向かい「ち○ち○の先にマジックで『笑』って書いて」から本番に臨んでいたと明かし「戦いに行くっていう印象を受けた」と回想した。


■「スタッフさんは『なんなんこいつら?』みたいな」

今田によれば、当時は「東京のスタッフさんからしたら、ダウンタウンさんとコントやらせたい芸人はいっぱいいた」とのこと。

「松本(人志)さんと浜田(雅功)さんが『知らん人とはコントできひん』ってなったから、関西から俺ら呼ばれたけど。スタッフさんは『なんなんこいつら?』みたいな空気は多少あった」と、まったく歓迎されておらず。

さらに、東京の番組で笑いを取れず、大阪に帰らされる芸人も見ていた。


■「笑」に込めた「今日もウケますように」

「ふるいにかけられてる感じがした。生き残らないとっていうのがすごいあった」と芸能界の荒波を生き抜くのに必死だった今田。股間に書いた「笑」には「今日もウケますように」という願いを込めていたと説明した。

真剣に語る今田だったが、視聴者は「ごっつはなあ…皇帝ふたり相手にするとプレッシャー半端じゃないもんな かと言って笑はどうかと笑」「股間に笑と書いてごっつに出てた今田笑」と大ウケしている。

・合わせて読みたい→今田耕司、正月は後輩と沖縄旅行へ だが現地は「普通に激サムです」

(文/Sirabee 編集部・RT

→Amazonバレンタイン特集2023 ギフトやご褒美に、定番チョコから人気のブランドまで

松本人志浜田雅功東野幸治今田耕司ダウンタウンのごっつええ感じ証言者バラエティ アンタウォッチマン!
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング