3歳児が銃を撃ち母親と指名手配犯が負傷 アメリカの銃問題がより深刻に

3歳児が銃を撃ち、2人が負傷する事件が発生。アメリカでは銃関連の事件が後を絶たない。

2023/05/28 13:30


親子・母親・息子

アメリカで、3歳児が発砲した一発の弾丸により、2人が負傷する事件が起こった。被害者のうちの1人は、殺人罪で指名手配されていた男だったという。『CNN』や『ABC News』などの海外メディアが報じたが、詳しい経緯は明らかになっていない。


 


 

■1発の銃弾で2人が負傷

5月中旬、アメリカ・インディアナ州で3歳の子供が銃を発砲し、負傷者が出た。子供が撃ったのは1発の銃弾だったというが、負傷したのは2人だった。

そのうちの1人は銃を撃った子供の21歳の母親で、もう1人はトレイショーン・スミスという男だ。

スミスは母親の友人で母子が暮らすアパートを訪れていたというが、イリノイ州で殺人容疑で指名手配されていた男であり、治療のために病院を訪れた後に逮捕された。


関連記事:出発を急かされ激怒した夫が妻を攻撃 「クラクションを鳴らされ腹が立った」

 

 

■深まる事件の謎

3歳児の母親の恋人がメディアの取材に応じ「少なくとも、誰も殺されたり、ひどい怪我をしなくてよかった」と語ったが、それ以上のことについては言及しなかった。

なぜ3歳児が銃を持っていたのか、なぜ1発の弾丸で2人が負傷したのか、そしてスミスはそのアパートで何をしていたかなど、多くの疑問は明らかになっていない。


関連記事:隣人家族3名に重軽傷を負わせた男が逮捕 バスケットボールが庭に飛び込み激怒

 

 

■銃規制の議論は停滞

また近隣住民は「銃があるなら子供の手が届かないところにしまっておくべきだ。そうすれば今回の事件や、前回のような事件は防げた」と話す。

「前回の事件」とは、同じくインディアナ州で2ヶ月前に、5歳児が銃を発砲した事件のことだ。その際には5歳児の弟が弾に当たり、亡くなってしまった。

アメリカは、銃による殺人事件や無差別乱射事件の発生率が最も多い国だ。子供が銃を手にし、事件や事故を引き起こすケースも頻発しているが、依然として銃規制の議論は停滞している。

・合わせて読みたい→女児の作文から捜査が始まり母親が逮捕 「パパとママがケンカして…」

(文/Sirabee 編集部・Sirabee編集部

銃社会、アメリカ ―1日に1回以上銃乱射が起こる国【Amazonでチェック】

母親アメリカ話題銃規制発砲殺人容疑指名手配翻訳記事インディアナ州イリノイ州
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ