吉高由里子、『光る君へ』でも忘れない18年前の「父の言葉」 現場での性格に周囲も驚き

『光る君へ』で主演を務める吉高由里子。カメラが回らないところでの性格に驚きの声があがっている。

2024/01/19 11:35


吉高由里子

7日にスタートしたNHK大河ドラマ『光る君へ』が早くも話題沸騰中だ。14日放送の第2話から主演を務める吉高由里子が登場し、今後の展開に注目が集まる。

スタッフからの評判も良好な吉高だが、彼女は父親の教えを守っているようで…。

【合わせて読みたい】吉高由里子、カメラが回らないところでの評判 現場での「ある行動」に周囲も驚き


 


 

■紫式部にスポットを当てた物語

『光る君へ』は、『源氏物語』の作者である紫式部にスポットを当てた物語。藤原道長へ思いを寄せながら、変わりゆく世の中を力強く生きる女性の姿を描いている。

吉高は、並外れた文学の才能を持ち、想像力と好奇心豊かな主人公・紫式部/まひろを演じる。時代を越えて語り継がれるベストセラー爆誕までの裏側も描かれ、今後の展開に注目が集まっている。


関連記事:吉高由里子、NHK大河『光る君へ』撮影の裏側明かす 「スタッフの皆さんの…」

 

 

■文章を書くシーンも多いが…

作家の活躍を描いているため、吉高が文章を書くシーンが多い。彼女の見事な字も話題になっているが、あるテレビ局関係者は地道な努力があったと話す。

「大河の出演が決まってから、書道の練習をしていました。平安時代の作品のため、現代では馴染みのない言葉も多いですが、吉高さんはスラスラ読み書きしているそうです。座長として恥じない演技をするため、役作りに時間をかけたのでしょう」(テレビ局関係者)。


関連記事:吉高由里子、2024年の大河ドラマ主演を報告 「優しい眼差しで見守って」

 

 

■カメラが回らないところでの性格

吉高はバラエティ番組で見せる明るい姿が印象的。カメラが回らないところでも、その性格は変わらない。

「スタッフ一人一人の顔と名前を覚えるのが早いです。一度仕事したスタッフのこともよく覚えていて、『前に◯◯でお世話になりました』と声をかけてくれることも多いそうです。ブレイクしても周りへの気遣いを忘れない姿勢に驚かされますよ」(前出・テレビ局関係者)。

こうした人柄も、吉高が人気女優であり続ける理由の一つだろう。


関連記事:吉高由里子、大河『光る君へ』主演で予習のため京都へ 「本当にお勉強だから」

 

 

■「父の18年前の教え」

周囲への気遣いを絶やさないのには、こんな理由があって…。

「吉高さんは2004年に芸能活動を始め、2年後の06年の映画『紀子の食卓』でデビューしていきなり『第28回ヨコハマ映画際最優秀新人賞』を受賞しました。その頃、お父さんから『周りの人達が支えてくれていることを忘れないように』とアドバイスされたそうです。彼女がスタッフを大切にしているのも、この教えを守っているからなのかもしれませんね」(前出・テレビ局関係者)。

18年前の「父の言葉」を胸に、吉高はさらなる高みへ突き進んでいくに違いない。


関連記事:吉高由里子の“寝起きショット”にファン悶絶 「彼女感すごすぎ」「アングル最高」

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

・合わせて読みたい→吉高由里子、大河『光る君へ』主演で予習のため京都へ 「本当にお勉強だから」

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

『光る君へ』をさらに楽しむ【Amazon】

父親NHK大河ドラマ吉高由里子大河紫式部光る君へ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ