3

永谷園のお茶漬けに「お茶を入れる」と勘違いしていた人の割合が多すぎ


P1066413

ごはんにふりかけてお湯をかけるだけで、美味しいお茶漬けが食べられる永谷園の『さけ茶づけ』や『うめ茶づけ』は、朝食にも夜食にもピッタリの日本人にはなじみ深い定番商品だ。

だが、そんな永谷園のお茶漬けに衝撃的な事実が判明した。調査ツール「マインドソナー」のアンケート結果によると、323人中92人、約3割の人が、お湯ではなくお茶を入れるものだと勘違いしていたのである!

お茶漬け

CMでもお湯をかける様子が映されており、1952年からのベストセラー商品なのになぜいまだに勘違いをする人が多いのだろうか? とある永谷園ファンの男性が考えられる理由を説明をしてくれた。

 

■ほうじ茶や昆布茶などをかけるファンが多いため?

そのままでも十分に美味しい永谷園のお茶づけですが、熱烈なファンはお湯をかけると分かっていつつ、昆布茶やほうじ茶を自分の好みでかける人が多いんです。

 

それが友達や子供に伝わっていった結果、お湯ではなくお茶をかけるものだと勘違いする人が増えたのではないでしょうか。

 

ほかに考えられるとしたら…いちいち作り方を見なくてもお湯かけるだけで作れるので、最初から説明を見ず「お茶漬け=お茶をかけるもの」という概念のある人が勘違いしているんだと思いますよ(笑)

 

――ということであった。永谷園の公式Q&Aにも

「永谷園の『お茶づけ海苔』には抹茶が入っていますので、お湯をお使いいただくと抹茶本来の風味がほどよく引き立ちます。

 
お好みでお茶をかけていただいても結構ですが、お湯をお使いいただきますと一味違った風味を味わっていただけるので、ぜひ一度、お湯でもご賞味ください。

 
一部の『お茶づけ』には抹茶が含まれていない商品もありますが、それぞれ風味がついていますので、お湯でご賞味ください」

(永谷園ホームページより引用)

 

と書かれているため、やはり好みでお茶をかけるという人が多いのだろうか? しかし「お湯でご賞味ください」と2回も書いてあるので、やはり公式としてはお湯をかけて食べてほしそうではある。

じつは記者も『うめ茶づけ』に昆布茶をかけて食べるのが好きなのだが…たまには初心に帰って、次はお湯をかけて食べてみたいと思う。

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男