釈由美子の飼い犬が日本酒誤飲で死亡…愛犬家「もう犬を飼うな」と激怒


syaku

(画像は公式ブログのスクリーンショット)

2016年3月3日、女優・釈由美子の愛犬のこころが、目を離したすきに夫の飲んでいた日本酒を誤飲し、亡くなっていたことが釈のブログにより明らかになった。

本人にとっては非常に悲しい出来ごとだが、インターネット上では多くの愛犬家が釈の犬の飼い方に疑問を持ち始めているようだ。

 

■犬を飼うなと激怒する人も

それは2014年にも当時飼っていたチワワのさくらが3カ月半で亡くなっており、死因は不明なものの2回も愛犬が死亡していることで、Twitterでは「犬を飼うな」と激怒している人も増えてきた。

 

■忙しい人に小型犬を飼うのは不向き?

人気女優で忙しいため、確かにネット上の声のとおり少し目を離しただけで亡くなってしまうチワワなどの小型犬を飼うのは、残念ながら難しいのかもしれない。

 

このニュースを見た小型犬を飼っていた女性に話を聞くと…

 

「私もミニチュアダックスを一人暮らしの時に飼い始めたのですが、その後転職などでどうしても家を空ける時間が多くなってしまい、これではまずいと思い実家に預けました。

犬を飼うのが難しい状況になる可能性を考えなかった私が完全に悪いので、週1で面倒を見に実家へ行ってはいるもののいまでも反省しています。

それに人気の犬種なので飼う人は多いんですけど、体の弱いチワワを飼うのは普通の人には難しいと思いますよ。動物を飼うときはまず「本当に自分が最後まで責任を持って育てられるのか」を考えないと、絶対後悔します」

 

動物を飼うのは、犬でも猫でも難しいもの。それが忙しい女優であればなおさらである。

釈は現在妊娠中のため、不安になるトラブルが起きるのは避けた方がいいはず。愛犬が亡くなったのは非常に悲しいことだが、反省をして育児でミスのないよう、気をつけてほしいものだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ

関連記事