エッチ中のケンカ経験者はどれぐらい?高年収・高学歴ほど…


ケンカ

(Tomwang112/iStock/Thinkstock)

好きな異性とのエッチといえば、男女がその愛を確かめあう営みであるが、中にはその行為中、ふとしたことがきっかけでケンカになってしまう人もいるようだ。

そこで、しらべぇ編集部は全国の性体験がある1,070名を対象に、「エッチ中にケンカしたことがある」人がどれぐらいいるのか、調査してみた。

 

■エッチ中のケンカは若気の至り?

年代別に見てみると、ベッド上でパートナーとケンカする人の割合は、年齢を重ねれば重ねるほど少なくなっていく結果に。

エッチ中のケンカ

まだ経験回数が少なかったり、相手のことをよく知らなったりするうちは、相手に自分の要望を過剰に要求してしまうなど、ケンカの種をまいてしまうのだろうか。

実際にエッチ中にケンカした経験がある20代の男女3人に話を聞くと…

「夜は私のほうから誘うことが多いんですが、いつも私からなので『たまにはちょっと…』と少し言い合いになったことはあります。

 

彼が元々草食系なので、仕方ないのかもしれないですけど…。」(20代・女性)

 

「エッチそのものについてケンカすることはないんですが、その後のピロートークのときに価値観の違いでケンカになっちゃうことはありますね。

 

二人だけの空間ですし、将来のこととか、結構重い話になりがちなので。」(20代・男性)

 

「ケンカというか、彼女に泣かれてしまったことはあります…。

 

こっちが先に至っちゃって、『向こうも気持ちよくさせなきゃ』と思ったんですけど、ものすっごく眠くなっちゃって。

 

そのままうたた寝しちゃった結果、泣かれちゃいました…。」(20代・男性)

 

行為そのものに対する言い合いというよりも、行為前の誘い方や、事後の対応や会話の中で、ケンカに発展してしまうという声が聞かれた。

 

■学歴・年収が高い人ほどエッチにうるさい?

特徴別データを見てみると、「自分の学歴に自信がある」「年収1000万円以上」と答えた人は、そうでない人に比べてエッチ中にケンカしがちなことが判明。

エッチ中のケンカ

学歴や年収に自信がある人は、夜の営みにも自信を持っているがために、主張が激しく、パートナーともケンカしがち…なのかもしれない。

 

■おとめ座はベッドの上でも「乙女」?

星座別に分けて見てみると、やぎ座、おひつじ座が12%を超える割合を記録した一方で、おとめ座はわずか1%代にとどまった。

エッチ中のケンカ

おとめ座といえば、しらべぇのこれまでの調査でも「交際相手にもっともエロさを求めない星座」であることがわかっている。

おとめ座の人は、パートナーとのエッチにそこまでこだわりを持っていないためだろうか。ベッドの上でケンカする人はごく少数なようだ。

 

性の問題は、パートナーと長く付き合っていく中で、切っても切り離せないとても重要なテーマ。万が一ケンカに発展した場合は、よくよく話し合って解決することが望まれるだろう。

・合わせて読みたい→夫婦喧嘩の仲直りってエッチもあり? 【人妻みひろコラム】

(取材・文/しらべぇ編集部・あくむちゃん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の性交経験者1,070名(有効回答数)