コミケ徹夜組が今年も多数来場!徹夜を禁止しているはずの運営がなぜか整理

話題

2015/12/29 05:00

DSCN0057

2016年12月29日から始まる、「コミックマーケット89」(通称冬コミ)に、またもや徹夜組が多数いるようだ。徹夜組とは運営から禁止されている行為なのだが、近隣の住民などが迷惑しているにも関わらず、減る様子が無い。

記者が訪れた深夜0時過ぎには、国際展示場の周辺に多数の警備員や運営ボランティアと思われる方々が、徹夜組の整理を行っていた。

徹夜組の行列は駅方面からかなりの長さになっており、すでに会場横には人だかりができていたことを考えると、軽く1万人は突破しているだろう。

付近のコンビニはどう見ても未成年と思われる人たちや、店の前でカップラーメンを食べる人など、軽くカオスな状態であった。普通なら警察が来てもおかしくないと思うのだが…。

運営もTwitterで徹夜行為の禁止を呼び掛けているのだが、実際には深夜に来た人たちを整理して並ばせてしまっているため、実質徹夜を認めている形になってしまっている。

もちろんこの人数を追い返してしまったら更なる混乱を招くため仕方のないこととも言えるが、少なくとも未成年者だけはどうにかしないと、病気になったり心配した親が通報などした場合に、コミケの運営自体が危うくなる可能性がある。

https://twitter.com/bellser5349/status/681400175697334272

また、運営公式Twitterへも一般参加者からクレームが多数届いているにも関わらず、無視を決め込んでいる状態だ。

今回からテロ対策のための手荷物検査もするようだし、明らかに若すぎる人へは身分証の提示を求めても良いと思うのだが…運営が本腰を入れない限り、徹夜組がいなくなることは無さそうだ。

(取材・文/しらべぇ編集部・雨間ゆうすけ