やる意味あるの?意識高い系の「朝活」に呆れた瞬間3選

コラム

2016/09/02 18:30

©ぱくたそ
©ぱくたそ

「早朝3時起床で、仕事もプライベートもハッピーなった!」

「朝活をすることで、スキルアップができた」


と、朝活で人生が上手くいったというブログや書籍はあまた存在する。

実際にワーキングマザーや会社経営者などは本当に時間がなく、早朝起床して仕事をして上手くいった人も中にはいるだろう。

ただ、「朝活している」自分に満足してしまい「仕事ができる人になれた」と勘違いしているケースもあるようだ。

実際に、どのような人がいて周囲にどう思われているのだろうか? しらべぇ取材班は話を聞いてみた。



 

①企業に朝活の事業化まで提案

「私はIT企業に勤めているのですが、同僚で朝活に励んでいる人がいます。一緒に参加した人とは必ずSNSでつながるらしく、よく『Facebookの友達が2,000人を突破した』と自慢しています。インターネット上の友達を作るために参加しているのでしょうか。


先日、会社で新規事業を検討する会では『朝活を事業化しよう』と出してました。IT企業なのになぜ朝活? と思いましたが、周囲も同意だったので却下に。企画を提案した理由も曖昧だったので。


一体何のために朝活をしているんでしょうか?」(20代女性)


関連記事:【動画】超危険な「車いすラグビー」に命を懸ける男たちがカッコ良すぎる

 

②意識高い系が朝活を最優先にした結果…

「新卒入社で意識の高い男性社会人がいます。ビジネスのカタカナ用語を多用し、流行の自己啓発書は一通り読んでいるそうです。また外部の朝活にも積極的に参加しており、SNSにもその様子が掲載されています。


ですが、朝活のために遅刻したり、準備を依頼しておいた会議資料も出ていない。『自己啓発目的で時間を使うよりも、まずは仕事をやれ』と言いたいです」(30代男性)


③早朝起床で眠すぎ…朝礼で爆睡!

『朝活をする人は仕事ができる』と何ら根拠のない自身を持っている人がいます。毎日5時起床で、多いときは1日3件の朝活に参加しているそうです。


さすがに会社到着時には疲弊していることもあり、仕事中にうとうとしています。挙句の果てには、全社朝礼で社長が話しているときに、立ったまま寝ていたので呆れてしまいましたよ。


これだと評価はされないですね」(40代男性)


早朝起床して目的を持った仕事や家事をする場合は、ぐんと成果を上げることもある。だが、「無目的な朝活」をしてしまい、本来の仕事に支障がでるようでは成果も評価も得られない。

・合わせて読みたい→これをしたら「うざい人」認定! よくある意識高い系の行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季