女って怖い…「結婚したくて必死な女」がしたドン引き行動3選

男女

2017/01/02 18:30

結婚
(Digital Vision./iStock/Thinkstock)

結婚をしたい女性が、彼氏に女友達が結婚したことを話したり、結婚情報誌を見えるところに置いたり…結婚を匂わせるのはよく耳にするだろう。

それだけでもドン引きする男性は多いというが、中にはそんな裏工作が可愛く見えるほど必死な行動をしてくる女性たちもいるらしい。

しらべぇ取材班は、男性たちに話を聞いてみた。



 

①自分たちの結婚式写真を合成して見せてくる

「『友達が結婚したんだ』と、友人の結婚式の写真を見せてきた彼女。これが噂の結婚してアピールか…と思い、『綺麗だね〜』と流したら…。


『コレは去年のAちゃんの結婚式でね。こっちはBちゃんの』と、過去に行った結婚式の写真を次々出して見せてくる。それだけでもドン引きでしたが…。


最後に『これは今年結婚する人たちかな?』と、彼女がウエディングドレス、僕がタキシードを着ている合成写真を見せてきて…。


写真関連の仕事をしている彼女が冗談で自作したとのことでしたが…僕はリアルに彼女が怖くなって、何もリアクションできませんでした」(Kさん・28歳)


関連記事:早く結婚しておけば!晩婚した女性が語る「人生の悲しさ」

 

②自分の両親に結婚をするようにしつこく勧めさせる

「交際してから半年後に、『まだ早いよ』と言っているのに、彼女の両親に無理矢理挨拶させれました。それだけでもウンザリなのに…。


彼女は、両親に勝手に僕の携帯番号を教えたようで、3日に1回くらいの割合で『結婚はどうなのかしら?』と電話がきて…。


その日もまた電話がきて、『結婚…』と言われたので濁していたら、彼女の両親がポロっと『私たちは別に結婚なんていいんだけどね…。


娘が結婚したいから、お母さんたちから言ってくれって言われてね…』と。根回しにイラっとして、それから1ヶ月経たないうちに別れました」(Hさん・30歳)


③避妊具に穴を開けて、できちゃった結婚を目論む

「彼女が28歳頃になってから、『今日は大丈夫な日だよ!』と避妊を拒むことを言うように。でも自分はそういうのはイヤだったので、


しっかりと使っていました。でもある時、ホテルでシャワーに入っている途中に、ふと用事があってシャワーの水を出しっぱなしにしたまま部屋に出たら…


彼女がカッターの先端をパツパツと避妊具に当てて、穴を開けているのを目撃してしまい。いつ頃からそんな行動をしていたのか…絶句しました…。


結婚を切り出してあげずに、そこまで追い詰めてしまった自分も悪いんでしょうが…。その姿を見たら結婚はおろか、交際も続けられませんでした…」(Mさん・30歳)


結婚をしたくて必死になりすぎると、結婚どころか、交際すらもその場で終わりということになりかねないようだ。

・合わせて読みたい→ごめん…結婚ムリかも「婚約破棄したい」と思った女性の行動3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん