実写版『ジョジョ』はアリ? 興行収入5位も「意外に良かった」

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が公開された。賛否両論、いろんな声が上がっているがはたして。

(画像は映画『ジョジョの奇妙な冒険』公式サイトのスクリーンショット)

「この実写化、大丈夫か?」と、散々(悪い意味で)話題になっていた映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(以下、ジョジョ)』。

いよいよ4日から劇場公開されたが…実際、どうなのだろうか。


 

■初登場の興行収入は「5位」

7日に発表された興行通信社提供の全国週末興行成績では、初登場5位という結果に。土日2日間で動員11万7000人、興収1億6600万円の成績だという。

『怪盗グルーのミニオン大脱走』『仮面ライダーエグゼイド』の、子供向け映画が1位2位を飾り、『トランスフォーマー』が初登場3位に。そして4位は「泣ける!」と話題の『君の膵臓を食べたい』が死守している。


初登場5位という結果は、「大爆死!」と話題になった、同じ三池監督作品である『テラフォーマーズ』よりは高い順位だ(『テラフォーマーズ』は7位)

しかし、一足先に公開された同じジャンプ原作の実写化映画『銀魂』は初登場2位。

この先、『ジョジョ』のランキングは上がるのだろうか…?


 

■感想は両極端に

もともと前評判が低かった『ジョジョ』。原作ファンの中では、「絶対に期待できないから観に行かない」と宣言していた人も少なくない。

しかし蓋を開いてみると、「想像以上に良かった」という感想が目立つ。


しかし、やはり「実写化すべきではなかった」という声も根強い。


■「物足りない」と感じる人も

そもそも、この映画の撮影場所はスペイン。杜王町のモデルは仙台のはずなのだが…。記者的には正直、スペインの街並みに日本人がたくさんいる違和感は拭えなかった。

ほかにも、とあるシーンで大胆な改変がされていたり、康一くんが転校生になっていたり、由花子さんがすでにいたり、全体的にどのキャラも綺麗なコスプレだったりと、原作ファンからすると「あれ?」な部分は多い。

しかし虹村兄弟は(見た目は綺麗だが)原作にかなり近いし、スタンドのCGはすごい。ストーリーもかなり原作に近い。カメラ割りもまるで漫画。

「三池監督ってことは、どうせ原作無視した駄作でしょ?」なんて食わず嫌いせずに、1度観てみては。

ただ、説明をすっ飛ばしている部分もあるため、原作見たことないけど気になる…という人は、第4部の1、2巻を読んでから行くのがオススメだ!

・合わせて読みたい→実写版『ジョジョの奇妙な冒険』 映画に出なそうな原作キャラを大予想

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

あなたにオススメ