東京都民が考える『北海道旅行のムリすぎる日程』に挑戦してみた結果

Mobil 1™がカーライフサポーターに『コップのフチ子』を採用!? そのチャレンジングスピリットに感化された記者がとった行動は…

提供:EMGルブリカンツ合同会社

■旭川空港~オシンコシンの滝

…ということで、朝一のJAL便で9時半に旭川空港に到着! これから本当にあの道のりを完走できるか心配だが、俺にはフチ子がついている! と気合を入れる。

そのまま最初の目的地である知床へ向けて走っていくと…

網走のほうから知床地区へ行く途中にある、ホタテやカキの養殖が盛んなサロマ湖に到着。

そして、日本の滝百選に選ばれたオシンコシンの滝を経由し、さらに東へ向かう。

勢いよく流れる滝を眺めつつ休憩すると、数百キロ走った疲れもなんとなく癒される。

 

■知床地区へ到着

16時半に、やっと知床の観光船が集まる『ウトロ港』へ到着! 渋すぎる食堂で遅い昼食を摂る。

ここまで292km、約5時間の道のりだが、休憩をはさむことでそこまで疲れることはなかった。この日程、ネットでは無理だと言っている人が多いが、意外といけるんじゃないか…?

 

次ページ
■阿寒ICでまさかの展開

この記事の画像(6枚)