しらべぇ

『NHK紅白』安室奈美恵が涙 内村「イモト、安室ちゃんカッコよかったよ」

安室奈美恵が紅白で涙の熱唱! イモトを思う内村のコメントにも賞賛の声が

エンタメ

(画像はFacebookのスクリーンショット)

2018年の9月に引退することを表明した、歌手の安室奈美恵。

『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK)への出場が注目され、出場歌手が発表された段階ではリストに記載がなかったものの、突如「特別出場歌手」として出場することが決定。久しぶりにテレビで歌唱する彼女の姿を、日本中が見守った…。

 

■安室「充実した25年間」

「数々のヒット曲を生み出したこの方が最後のステージに向かいます」総合司会の内村光良がこうアナウンスすると、会場が緊張と興奮で包まれた。

特別出場歌手として、スクリーンに登場した安室。歌唱を前に彼女のアーティスト活動を振り返る『25年の軌跡』というVTRを放送。自身の歌手活動を振り返り安室は「とにかくいろんな経験をさせていただき、充実した25年間になったと思います」とコメント。

今回歌唱する45枚目のシングル『Hero』については、「この歌は目標に向かって頑張っている方たちの応援ソングとして、作っていただき、そして自分自身もこの曲に励まされています」と、曲に込める思いを語った。

 

■安室涙の熱唱、内村がイモトへエール

時折胸に手を当て、深く深呼吸をするなど、やや緊張している様子の安室。しかし、曲が始まるとキリッと表情は一変。白いドレスをまとい、花吹雪の舞うモノトーンの幻想的な空間で力強く熱唱。

無事に歌唱を終えると、ホッと胸を撫で下ろし緊張が溶けた彼女の目には涙が。「ありがとうございました」という彼女の言葉と共に、NHKホールも大歓声に包まれた。

安室のステージを見守っていた内村は「イモトー! 安室ちゃんやっぱりかっこよかったよ!」と、現在南極大陸で登山に挑んでいるお笑いタレント・イモトアヤコへと呼びかけた。

イモトは『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、安室の大ファンであることを公言しており、安室の引退宣言以降、安室の話題には必ず心情が心配されている人物である。

 

■視聴者も感涙「ありがとう」

安室の涙と感動的なステージ、そして内村がイモトに宛てたメッセージに、インターネット上では多くの反響が寄せられている。

安室の歌う姿に、涙を流したという視聴者が続出。彼女の記念すべきステージを日本で見ることが叶わなかったイモトを気遣った内村には、賞賛の声があがっている。

歌姫として常に第一線で活躍を続けた安室。2017年の最後に大きな感動を届けてくれた。

・合わせて読みたい→安室奈美恵の『紅白』出場に賛否 「美学を貫いてほしかった」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu