しらべぇ

ふわふわでおいしそうだけど… 雪を食べてはいけない理由が深すぎる

北国に住む人は、多くの人が雪を食べる経験をしている。

ライフ

雪を食べた

(©ぱくたそ)

真っ白でふわふわの雪はまるでかき氷のようで、「おいしそう」と思わず口にしたことがある人も多いはずだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「雪について」の調査を実施。「雪を食べたことがある」と答えた人は全体で55.3%もおり、多くの人が雪の誘惑に負けていることがわかる。

 

■雪国育ちの人たちの多くが食べている

地域別で見ると、東北では7割もの人が雪を食べた経験があると回答。

雪を食べたエリア別グラフ

雪国の人たちにとっては、誰もが通る儀式なのかも。

「冬場はいつでも周辺にあるから、みんな1回くらいは興味本位で食べてるんじゃないかな?」(30代・男性)

 

一方で、近畿地方で雪を食べたことある人は4割程度。特に近畿中部に当たる大阪では、雪が積もることはめったにない。

「雪が積もったとしても、踏み荒らされて汚い状態のものがほとんど。とてもじゃないけど、食べる気は起きない」(40代・男性)

 

■雪を食べてはいけない理由とは

「おいしそう」と思ってしまうが、「雪を食べてはいけない」と教えられた人も多いのではないだろうか。雪の核は塵やほこりでできており、さらには有害物質を多く含む酸性雪が問題になっている。

つまり一見はとてもきれいな雪だが、じつはとても汚い恐れがあるのだ。

雪を食べてはいけない理由は、汚さだけではない。冬山登山の水分補給にも、雪を食べるのは危険だから止めるべきだと言われている。

雪はご存じのように、とても冷たいもの。つまり雪を食べると、体温を下げてしまう。さらには口の中で雪を溶かすのにも、人はエネルギーを消費する。

体力のいる雪山で、無駄なエネルギーを消費する行為は慎んだほうがいいのは当然だろう。

 

どんなにおいしそうな雪が積もっていても、そこはぐっと我慢して素直にかき氷を食べるのが、なによりも安全のようだ。

・合わせて読みたい→雪と戯れる佐々木希が天使すぎる 「あざとかわいい」フェロモン冬服

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu