デヴィ夫人、加藤一二三の歯並びを「国辱」と強く批判 ネットでは賛否両論

デヴィ夫人が加藤一二三に怒りを示し話題


 

■少し言い過ぎでは?

一方では「国辱は言い過ぎ」という意見も見られる。


関連記事:デヴィ夫人、自身の半生を映画化するなら… 「大統領役は渡辺謙さん」

 

■「歯並びに自信アリ」は3割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「歯並び」について調査を実施。

「良いほうだ」と回答したのは全体の約3割ほど。大半の人は歯並びに自信がないことが明らかとなった。

「ひふみん」は歯を治療したことで頭の働きが悪くなり、人生最大の危機だと感じて抜いてもらったというエピソードを公表している。ところが、テレビに出演する以上は治療をしたほうがいいと感じる人もいることは現実。

「ひふみん」の歯には賛否両論あるが「国辱」という表現は行き過ぎと言えそうだ。

・合わせて読みたい→デヴィ夫人、東出・唐田の不倫をバッサリ 「末恐ろしい!」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)