しらべぇ

高橋由美子に不倫報道 小倉優子の離婚を責めた発言が再炎上

女優・高橋由美子に不倫を文春オンラインが報じた。

エンタメ

歌舞伎町

(pdiamondp/iStock/Thinkstock)

94年放送のドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)でヒロインとして出演し、歌手としても活躍した女優、高橋由美子(44)。

「20世紀最後の正統派アイドル」といわれた彼女の不倫を、14日配信の『週刊文春オンライン』が報じた。

 

■歌舞伎町のホテルに消えたふたり

報道によれば、ふたりは肩を寄せ合いながら歌舞伎町のホテルに消えていったというが、高橋は所属事務所を通じて「ホテルに行ったことは事実です」と認めたという。

また、相手男性には妻と娘がおり、妻は男性から「離婚の話を進めたい」と言われたとのこと。

 

■「何言ってんだレベルでおかしい」

不倫報道を受け、ネット上では驚きの声があがっている。高橋への批判もあるが、妻帯者である相手男性への批判も相次いだ。

 

■小倉優子の離婚を責める発言が話題に

高橋といえば、1月放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際の発言が話題になっている。

夫の不倫をきっかけに離婚したタレント・小倉優子(34)が、騒動を経て「今は恋はいらない」と落ち込む発言をすると、高橋は「恋をガッツリしたらダメだと思ってるんでしょ? 上手にやればいいじゃん!」と恋愛を勧め、さらには「なんで別れたの? 我慢できなかったの?」「それはあなたの責任だよね? 子供にとったらお父さんがいるほうがいいわけでしょ?」と離婚を決断した小倉を責める場面も。

ズバズバ切り込む姿勢に賛否が相次いでいたが、今回の報道を受けて「どの口が言ってるのか」「ゆうこりんに謝れ」といった批判もあがっている。

 

■芸能人不倫はもっとバッシングされるべき?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「芸能人の不倫」について調査したところ、約2割が「もっとバッシングされるべき」と回答した。

当人同士の問題とはいえ、家庭が崩壊しかねない不倫には厳しい声をあげる人も少なくないようだ。

 

「正統派ヒロイン」から、何でもズバズバ言う「毒舌キャラ」へとイメージが変わっていく高橋。今回の不倫報道によって、また新たなキャラが生まれてしまうのかもしれない。

・合わせて読みたい→「カフェでパソコンを開いている人」実際は何をしているのか?

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu