美川憲一の年齢サバ読み報道に「今年イチどうでもいい」「日本は平和」の声

歌手・美川憲一に年齢詐称報道。ネット上では「どうでもいい」との反応が。

美川憲一
(写真提供:JP News)

歌手・美川憲一が、2歳年齢をサバ読みをしていることを26日、デイリー新潮が報じた。71歳ではなく、じつは73歳だったということが話題になっている。



 

■じつは73歳だった

報道によれば、5日に開かれた新曲発表会見で、左足関節外果を骨折して手術していた美川は車椅子で登場。

その際、術後のレントゲン写真が報道陣に配布されたのだが、そこに記載されていた生年月日によって73歳であることが発覚したのだ。

さらに、かつて美川が所属していた事務所の代表が、サバ読みしたことを告白。美川が大麻取締法違反で2度目の逮捕となり、その後復帰となる際に、2歳ほど若くしたほうがいいとの思いから、サバ読みにつながったのだという。

美川の場合、44歳のときに42歳と偽ったと報じられているのだが、これまで30年ほどバレなかったことになる。


関連記事:自称サバサバ系女子に批判 「毒舌を勘違いしているだけ」との意見も

 

■「今年一番どうでもいい」の声

芸能人の年齢のサバ読みといえば、何も珍しい話ではない。これまでも、大山のぶ代や森光子など、さまざまな芸能人のサバ読みが明らかとなってきた。とくに、年齢が商品価値となるグラビアアイドルやタレントの場合は、事務所の方針で若くサバを読む場合もあるだろう。

とはいえ、美川は70代を越えている。若さが価値をもつ年齢とはいえないし、すでに実力が十分に評価されているため、今さら年齢のサバ読みが発覚してもさほど影響がないといえる。

そのため、ネット上では「どうでもいい」との声が相次いでいる。

https://twitter.com/yuu_ri_ura0319/status/978070642707677184


■年齢のサバを読んだことがある?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,332名に「年齢」について調査したところ、およそ2割が「サバを読んだことがある」と回答。

20代を除いた年代で、男性よりも女性が上回っている。40代では2割、50代では3割が該当した。


公表するタイミングもなく、30年間サバ読み状態が続いていた美川。年齢ではなく実力で評価される今、バレてしまったのはある意味ラッキーなのかもしれない。

・合わせて読みたい→ビッグマミィ美奈子、孫が生まれても「バァバとは呼ばせない」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)