サッカー日本代表、コロンビア代表に奇跡の勝利 渋谷ハチ公前にはDJポリスも出動

W杯ロシア大会で、日本代表は初戦のコロンビア戦を奇跡的な勝利で飾った。

渋谷スクランブル交差点

サッカー日本代表は、ロシア・サランスクのモルドビア・アリーナで行われたコロンビアとのグループリーグ初戦に、歴史的な勝利をもぎ取った。


画像をもっと見る

 

■「ジャイアントキリング」を達成

日本が入るグループリーグHは、FIFAランキング8位のポーランドを筆頭に16位のコロンビア、27位のセネガルと、61位の日本にとっては格上の相手ばかり。

中でもコロンビアには前回2014年のブラジルW杯で4-1の大差で敗れるという屈辱を味わっている。

しかし試合開始4分、香川が放ったシュートをコロンビアのセンターバック、カルロス・サンチェスが手で防いだことで一発退場に。香川がペナルティキックを決めて先制した。

前半39分には、長谷部のファルカオへのファウルから、キンテーロにフリーキックを決められ、同点。それでも、後半73分、本田のコーナーキックに大迫が頭で合わせて勝ち越し。

日本代表は、レッドカードによって1人少ないコロンビア代表に対して終始優勢にゲームを進め、勝ち点3を確保した。


関連記事:木梨憲武、本田圭佑にベンチ行きを推奨? その理由にサッカーファンから賛同の声

 

■渋谷ハチ公前は「いつも」の状態に

渋谷スクランブル交差点

サッカー日本代表の試合があると、いつもお祭り騒ぎとなる渋谷・ハチ公前のスクランブル交差点では、試合終了直後から、横断歩道を渡ってハイタッチを繰り返すファンでごった返しに。

肩を組み、歌を歌い、ジャンプしながら、日本の勝利を喜んだ。

渋谷スクランブル交差点


■DJポリスも出動

DJポリス

混乱防止のために斜め横断が禁止されたスクランブル交差点には、機動隊車両と多数の警察官が出動。歩行者と車両の安全確保のため、車両の上から呼びかける、いわゆる「DJポリス」の姿も見られた。

渋谷センター街


■ハチ公も代表ユニ姿に

ハチ公

なお、渋谷のシンボルである忠犬ハチ公像も、代表ユニフォーム姿に。4番を背負う本田圭佑選手のレプリカを着て、「聖地」を見守っていた。

日本のグループリーグ第2戦は、セネガルを相手に25日0時より行われる。

・合わせて読みたい→サッカー日本代表・長谷部誠選手 「メンタルおかしい」選手たちとコロンビア戦へ

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

この記事の画像(10枚)