路線バスの降車ボタンを率先して押したい? 答えは圧倒的に…

路線バスユーザーに降車ボタンについて意識調査を実施。積極的に押す人は少ない?

ライフ

2018/07/08 11:30

(©ぱくたそ)

通勤や通学で利用する人が多い路線バス。終点以外で降りるときは、降車ボタンを押すことで運転手に下車する意志を伝える。

そんな降車ボタンだが、あなたは率先して押したいと思うだろうか? それとも、「なるべくならほかの人に…」と考えるのだろうか?



 

■路線バスの降車ボタンを率先して押したい?

多くの人は、どう考えているのか。しらべぇ編集部では全国の20代~60代の路線バスに乗ったことがある人1,167名に降車ボタンを「率先して押したい」かどうか調査を実施。

結果、「そうだ」と答えた人は、5.0%。そして「どちらかといえばそうだ」が24.3%で、率先して押したいと感じている人は29.3%に。

一方、「あまりそうは思わない」は44.6%、「そう思わない」が26.2%で、「なるべくなら押したくない」と考えている人は70.8%。圧倒的に、降車ボタンを押すことに「積極的ではない」人が多いことがわかった。


関連記事:興味ないのに… 誤っていかがわしいサイトに「いいね!」してしまった体験談

 

■積極的に押すのはどんな人?

降車ボタンを押すことに積極的な人はどういう人なのだろうか。興味深いデータがこちら。

容姿に自信のある人のほうが、19ポイントも高く「率先してボタンを押したい」と回答しているのだ。

バスの降車ボタンを押す行為は、少なからず乗っている人々の注目を集めることになる。もしかすると、「目立ちたい」気持ちがこんな部分にも滲み出ているのかも。


■よく路線バスに乗る人に聞いてみると…

降車ボタンを絶対に押さないというSさんに聞いてみた。

「私は降車ボタンはギリギリまで押しません。なんか、『ボタン押したくて、待ってました!』『私はここで降りる!』って自己主張している感じがするので、誰かが押してくれるのを心待ちにしています。争うように押してる子供たちを見ると、微笑ましいなあって。


人によっては、『絶対自分が押さなければ嫌』という人もいるみたいですけど…私にはちょっと理解できないですね」


「押したくない」人からすると、「押したい」人はありがたい存在なのかも。

・合わせて読みたい→タクシーに乗るのは贅沢なの? 年収別の結果がわかりやすすぎて…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の路線バスに乗ったことがある人1,167名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)