30代でさらに輝きを増す女優・安達祐実 「気持ちのおもむくまま自由に演じたい」

現在、宮木あや子原作のドラマ『婚外恋愛に似たもの』に出演中だ。

安達祐実

2歳でモデルデビューし、子役として大活躍。「具が大きい」や「同情するなら金をくれ」など、ドラマやCMで爆発的にヒットした流行語も産んできた女優・安達祐実。

最近は、コメディからシリアスな演技まで、長年の経験が磨いた抜群の演技力と30代とは思えないベビーフェイスで、ドラマや映画の中で輝きを増す。

6月から放送中のdTVオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』で、栗山千明、江口のりこ、平井理央、富山えり子とともにアイドルファンの主婦を演じている。


画像をもっと見る

 

■以前も宮木作品に主演

『婚外恋愛』の原作者は、石原さとみ主演のドラマとしてもヒットした『校閲ガール』シリーズの生みの親、宮木あや子。安達が宮木作品を演じるのは、2作目となる。

安達:以前、『花宵道中』という映画で、ヒロインの朝霧を演じさせていただきました。そちらは花魁の悲恋を描いた作品だったのですが、今回は全然違うテイストだなと(笑)。宮木先生は、こういう作品もあるんだとちょっと驚きました。


お話をいただいて原作を読みましたが、5人の女性や彼女たちが抱えているものがリアルで、コメディなんだけど悲しさもある、とても面白い小説でした。


関連記事:個性派女優・富山えり子が「BL作家」役に ヒモ夫役との喧嘩シーンも見どころ

 

■「娘との関係」で役に共感も

安達祐実

安達が演じる山田真美は、「普通が一番」と思って生きてきた主婦・山田真美。5人のうちで、もっとも普通に見えるキャラクターだが…

安達:私が演じた真美は、「普通の主婦だけど本当は普通じゃない」というキャラクターなので、監督には「普通を意識しなくていいです」と言われました。


9歳の娘がいる設定なのですが、実際私は12歳の娘がいるので、娘との関係性だったり、子供に関する部分で夫婦間で意見の違いがあったり、共感する部分がありました。


5人のキャラはそれぞれバラバラなのですが、みんないい方で撮影現場は和気あいあいとして、すごくまとまりがありました。

次ページ
■アイドルファンの気持ちがわかった

この記事の画像(5枚)