しらべぇ

一度も使ったことがないSNSは? 1位は多機能がウリの…

栄枯盛衰が激しいSNSのなかでやったことがない人が最も多いのは?

テクノロジー

(moodboard/iStock/Thinkstock)

次々に新しいものが登場するSNS。広く普及する一方で、「これは使わない」「なんとなく避けている」SNSがある人もいるだろう。

そこでしらべぇ編集部では全国の20代~60代のSNSユーザー638名に「使ったことがないSNS」を調査。結果をランキング形式で紹介する。

 

■第5位:mixi(40.6%)

かつて多くのユーザーを持ったmixiが5位に。

日本でのSNSの草分け的な存在だが「使ったことがない」人も増加しており、デジタルネイティブ世代の20代は40.4%が使用経験がないと回答。他にも色々なSNSがあるため、「わざわざmixiでなくても…」と思っているのかも。

 

■第4位:Instagram(40.9%)

僅差の4位はInstagram。スマートフォンで幅広い世代が使用するSNSだが、使ったことがない人も一定数存在している様子。

世代別に見ると20代は未経験者が3割未満だが、30代以降は割合が跳ね上がり、4割から5割が使用経験なし。Instagramは若者から支持されるSNSのようだ。

 

■第3位:GREE(64.3%)

3位はGREE。交流系SNSとしてスタートし、その後携帯電話ゲームの充実で隆盛を誇ったが、昨今は他に押され気味で、ユーザー数を減らしているといわれる。

本調査でもそれが裏付けられており、未経験者はなんと6割。慣れ親しんだユーザーには少々ショッキングなデータだが、これが現実ということか。

 

■第2位:Linkedin (72.1%)

2位はLinkedin 。世界最大級のビジネス特化型SNSといわれ、公式サイトによると全世界に登録者が5.6億人存在しているそうだが、日本での知名度はまだまだ低い。

ただし国内の登録者も増加傾向にあるといわれ、「ビジネス」に特化している点が徐々に注目を集めている様子。Linkedin の場合、日本では「これから」のSNSという要素が強く「まだ見ぬ強豪」といったところか。

1年後、この割合が大幅に減少しているかも。

 

■第1位:Tumblr(77.0%)

多くのSNSを抑えて1位になったのはTumblr。ブログとソーシャルブックマークを統合したマイクロブログサービスで、その機能性はユーザーから高い評価を受けているが、日本国内での普及はまだまだの様子。

こちらもLinkedin同様、今後ユーザー数を増やす可能性を秘めている。

Tumblrが1位となった「使ったことがないSNSランキング」。栄枯盛衰の激しいインターネット業界だけに、1年後に同じ調査を行なった場合、全く違うものになっているかも。

日本では馴染みの薄いTumblrとLinkedinが、今後どこまでユーザー数を伸ばせるのか注目したい。

・合わせて読みたい→信用できないと思うSNSランキング 1位はかつて隆盛を誇った…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代のSNSユーザー638名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu