『病院ラジオ』サンドウィッチマンが見せた「押し付けない感動」に称賛が相次ぐ

サンドウィッチマンが病院へ出向き、患者や家族とラジオをする『病院ラジオ』が話題に。24時間テレビと比較する声も。


 

■「みんな生きているいい顔」「患者さんたちすげえ」

重い病気の話題を中心に話が展開されつつも、けっして重苦しい空気になることはない。笑いすら生まれ、それでいて感動もおぼえる。

サンドウィッチマンの話芸や人当たりの良さ、そして患者や家族の覚悟の強さが垣間見える放送に、ツイッター上では「すごい番組だった」「また見たい」と称賛の声が相次いだ。


関連記事:治療も気から? 医者が「効果のない薬を処方することも」と林先生が解説して話題

 

■『24時間テレビ』をどう思う?

ネット上のコメントの中には「24時間テレビよりよかった」「感動を押し付けてないからよかった」と『24時間テレビ』(日本テレビ系)と比較する声も数多く見受けられた。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の『24時間テレビ』を見たことがある男女985名に同番組に対する意識調査を実施したところ、「好き」と回答したのは3割。多くの人は「好きではない」と感じているようだ。

もしも、嫌われている理由が「感動の押し売り」だとすれば、今回の『病院ラジオ』のスタンスが評価されたのも納得だといえる。


番組に対して称賛の声があがったが、番組が成立するのはMCがサンドウィッチマンだったからなのは間違いないだろう。「0カロリー理論」で話題の彼らだが、その振り幅の大きさには驚くばかりだ。

・合わせて読みたい→カラオケ『ビッグエコー』運営会社のカフェ『青葉珈琲店』 パンケーキとカツサンドが激ウマ

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の『24時間テレビ』を見たことがある人985名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)